スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常:26話感想&総括

日常の感想です。

奇跡は起きるものじゃない、起こすものなんだ!

奇跡の連続、それが日常。

まさにこのアニメの核心を突いてる最終回だったと思いますね。今までもそんな非日常を体験してきたわけですからね。
でもそれが理不尽なものではなくて、全てが幸せに繋がっているということ。そして最終的にはなのの誕生日を本当に当ててしまうという奇跡。とにかくそういう誕生日というのは形式的なもので、本来の目的がなのともっと仲良くなろうというその行動が、その奇跡に繋がっているんですよねー。うん、やっぱりゆっこ最高ですわ。

はかせもなののネジを改造して取ってくれるのかと思いそれごとに桜を咲かせたり散らせたりしながら一喜一憂してるなのですけど、やっぱりこういう仲間に囲まれているのはいいですよね。最後は自分のネジは自分の個性として受け入れたみたいですし、この大切な思い出があるネジは残しておこうとしたところが良かったです。まあ視聴者から見ても、なのといえばネジですからね。…まあ新しいはかせの小さいネジの話はただの追加パッチみたいなものでしたけど(汗)
でも、あの腕を開いての時計機能はガチで便利だと思った(笑)

その場面では中村先生との絡みでしたけど、なんと阪本さんは元々は中村先生のペットであったことが判明。不器用ではあるんだけど、何だかんだで愛着を持っていたようなので、その辺は良かったかな。どうしても中村先生だと利用目的であるというイメージが先行してしまうから(汗)阪本にしてみればどっちを選んでも苦行であるということで激しい負の葛藤に見舞われていましたけどね(笑)

かなり友情の面が強調されていた終盤、でも最後の最後は最初のイメージの日常って感じで終わりましたね。こういう積み重ねがあった上だから1話時点とはイメージがかなり違う点、こういう原点回帰みたいなのはいいなって思いました。あ、あと日常ジャンケンが復活してたのは嬉しかった(笑)
あ、ちなみに友情がメインだったけど、今回の話では大工と関口の空気がすごく良かった(笑)これはもうおめでとうということでいいのかな?うん、囲碁サッカー部には無限の可能性があるな(ぇー)

EDは「旅立ちの日に」が来ましたー!実は15話感想時…

>てか最終回に「旅立ちの日に」とか歌われたら無条件で泣くかもしれないよ…(汗)

ウルッと来ちゃいましたが何か?

あの伴奏が来た時点でやばかったです(笑)やはり反則曲…そして素晴らしいチョイスですよ。…ただ一つ不満を言うのであれば、夢を託しての後の今、別れの時~からのが無かったことかな。あそこまで来たら鳥肌マックスだと思ったけど、尺の都合かそこには行きませんでしたね。…でもそこは特別仕様で行って欲しかった…かな?まあ泣かせるやり方は日常らしくないかもしれませんので、そこは難しいところですけどね(笑)

というわけで、日常、完結です。


<総評>

1話時点ではかなり人を選びそうな印象を持ち、さらにネタにムラがあるような感じでした。基本的にシュール系は自分は好きなので見ていこうとは思えましたが、実際のところ話の内容自体はそこまでいい印象を序盤は持っていませんでした。
制作が京都アニメーションということで、その辺の動き、演出に注目が集まっていたと思いますが、それに関しては期待通りの結果になったのではないかなって思います。まさかこういうところでそういう動きをするのか!っていう感じで、些細なことでも無駄に壮大に仕上げることで、よりシュールさが増していたなという感じでしたね。だからこそこのアニメの非日常さが際立っており、全力で今を駆け抜けてるゆっこたちに次第に惹かれていったという感じです。

多少イレギュラーではありますけど、一応日常モノということで、それ系のアニメではどこまでキャラクターに深入りできるか、そして雰囲気に慣れることが出来るかということが肝になってくると思うんですけど、自分はその中でキャラも好きになったし、そしてこの雰囲気も好きになることができたので結果的にこのアニメ自体を楽しむことが出来ました。要はそこまでたどり着くことがこのアニメでは大事だったんじゃないかな(笑)

このアニメのネタにムラがあるということですけど、様々な場面を写すので、その辺でのテンポというのは良かったんですけど、ネタが多数あるということで、これは面白かったけどこれはちょっと…というものが同一上の話にあることがいくらかあったので、このアニメは何話が面白かった!という印象よりは、このネタが面白かったという印象で通っているでしょうね。1話という30分のなかでも独立しているような、そんな感じでした。それがムラを強く感じさせているとは思いましたね。
特に自分が気になったのは、ちょくちょく入った定点カメラの映像。あそこまでの日常風景を描くということ自体は素晴らしいんですけど、シュールアニメで大事なテンポというのがあの挿入で損なわれることがいくらかあったので、結果的にはそんなにいい演出ではなかったように思っています。序盤ではあの定点カメラの内容がそのまま本編に繋がっていたときとかがあったので、それはまだよかったんですけど、完全に独立した感じだと流れを止めてしまっていたかなって思いました。

キャラクターとしては大きく分けてゆっこパートなのパートに分かれていましたけど、回を重ねるごとにその隔たりが無くなってきましたね。序盤の印象はゆっこパートが激しい、なのパートが癒しいう感じ。特にゆっこが強調されていたなって思います(笑)
そしてなのが学校に通い始めてからは友情というものが出てくるようになり、その話が終盤の展開に繋がっていきましたね。思えば、2クール目に入ってからOPの歌詞が友情をテーマにしていましたもんね。あの歌詞、実際かなり深い友情について書いてありますからね…、曲のテンポとあの映像でノリノリな曲になっちゃってますけど(笑)
また、生徒だけではなく先生も良かったなって思います。高崎先生と中村先生と桜井先生、そして謎のズラをした校長、みんな個性的でしたねー。個人的には先生回は総じて好きでした。

音楽はそのOPは両方ともかなり聞きました(笑)EDも前期のが好きだったし、後期は懐かしさを感じることが出来てよかったですね。

「日常」
相生祐子:本多真梨子
長野原みお:相沢舞
水上麻衣:富樫美鈴
東雲なの:古谷静佳
はかせ:今野宏美
阪本さん:白石稔
安中榛名:佐土原かおり
中之条剛:山本和臣
笹原幸治郎:川原慶久
立花みさと:堀川千華
大工健三郎:吉崎亮太
関口ユリア:廣坂愛
校長先生:チョー
桜井泉:小菅真美
高崎学:稲田徹
中村かな:水原薫
長野原よしの:小林元子
立花みほし:本田愛美

OP1「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」
OP2「ヒャダインのじょーじょーゆーじょー」
ED1「Zzz」
ED2「翼をください」他


総合評価:B

万人受けはしないとは思ってるけど個人的にはかなり楽しめた作品。終わった気がしないアニメの一つですね。
最初はホントどうなるかと思っていましたよ(笑)感想も毎週書いてたけど続くのかなって(汗)でも結果的にここまで来て、やってきて良かったなって思いました。
2期とかはどうなるか分からないけど、やるのであれば是非みたいなって思います。キャラクターには何かかわいいとかそういう意味合いとは別の愛着が湧きましたね。みんなの絡みがまた見れたらいいなって思います。

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。すごくキャストとかマッチしてたよなあ。みおとか特徴的でしたけど、もうあれが病みつきですね(笑)

それではこれで日常の感想を終わらせていただきます。最後までありがとうございました!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

最後まではっちゃけるかと思いきや実にいい最終回でした
掛け値なしにいい終わり方だったと思います

>最後は自分のネジは自分の個性として受け入れたみたいですし

これは個人的に凄くくるものがありました
まさかあのネジをこう使ってくるとは予想できませんでしたね

>EDは「旅立ちの日に」が来ましたー!

すごいですね、まさか当ててしまわれるとは!
私自身学生時代に歌った曲であることもあり(皆さんそうでしょうけど)不覚にも感動してしまいましたが
予想したところに予想通り最高の曲というのはしろくろさんの感動は私とは比較にならないでしょうね

最初はこのノリで2クール持つのか?と思ったりもしましたが最後まで楽しく見れた作品でした
やはりゆっこ達やあの世界観を見れなくなるのは少し寂しいです
というか考えてみたら2クールって半年ですからね(汗)
シュタゲ等もそうですが強い思い入れができてしまうのも当然ですね

いつか2期があればいいなーと期待しつつスタッフ&キャストのみなさんの頑張りには拍手とお礼の気持ちでいっぱいです

リッシーさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>これは個人的に凄くくるものがありました
まさかあのネジをこう使ってくるとは予想できませんでしたね

基本的に嫌なものとして最後まで残り続けたものでしたから、それが取れるのが一番ハッピーかと思いきや、思い出を重視しての残し。こういう気持ちになれるのであれば、もうなのは普通の女の子ですよね。

>私自身学生時代に歌った曲であることもあり(皆さんそうでしょうけど)不覚にも感動してしまいましたが

やっぱりこの曲は特別なものがありますね。こみ上げるものがありました。
以前のあの花といい、昔聞いた思い出のあるなつかしい曲を使われるのはどうも弱いです(汗)

>最初はこのノリで2クール持つのか?と思ったりもしましたが最後まで楽しく見れた作品でした

まさにそんな感じでしたが最後まで一貫して楽しめました。終わらない感じでアニメが終わっていくもんだから、余計に寂しいですよね。2クールという長さは全く気にならず、愛着も湧きましたね。

>いつか2期があればいいなーと期待しつつスタッフ&キャストのみなさんの頑張りには拍手とお礼の気持ちでいっぱいです

そうですね。京アニという話題が先行してしまったようにも見えますけど、自分は「日常」という題材を評価したいなって思いました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日常 第26話 「愛着 - attachment -」

アタッチメント 【attachment】 ・ 取りつけ、結合、付着、付属、帰属。 ・ (…への)愛着、愛情、傾倒。 ・ 留めつける物、留め金、(機器に取りつける)付属品。 なのにとっての 『ネジ』 は...

日常の第二十六話 (終)

坂本さんの意外な過去。「日常」の最終話。 「日常」京アニサイトの公式はこちら。 突然、なのの誕生会をしようと言い出す祐子。今日かどうかも分からないのに盛り上がって 麻衣のアイデアで博士の誕生日...

日常 #26 日常の第二十六話

日常 最終話。 以下感想

日常 第0話  ~第26話 最終話

日常 第0話 ~第26話 最終話 『日常』(にちじょう)は、あらゐけいいちによる日本のギャグ漫画作品。『月刊少年エース』および『コンプティーク』(共に角川書店)にて連載中。群馬のご当地漫画っぽい アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

「日常」最終話

くしゃみネタがラスト・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109250001/ 日常の小説 (角川スニーカー文庫) posted with amazlet at 11.09.22 椎出 啓 角川書店(角川グループパブリッシング) (...

日常 第26話(最終話)「日常の第二十六話」の感想

 ゆっこの提案で、みんなでなのちゃんのサプライズお誕生日会を行うことに。東雲研究所ではなのちゃんの背中のネジが取れたり、その代わりに付けるちっちゃいネジが壊れたり、そんでなのちゃんが思わず涙を目に浮かべちゃったり。あと阪本さんの元の飼い主が現れて、実は...

日常 第26話・最終回 感想「日常の第二十六話」

日常ですが、赤べこ・こけし・弥勒菩薩の会議によりロボットのビックリ誕生日会をやることにします。相生さんはサプライズの意味が分かっていないので直接伝えようとします。クールメガネ少女は子供博士の誕生日も一緒にやろうと提案しますが、一生友達でいてあげる券とか...

日常 第26話

最終回

日常 #26

【日常の26話】 日常のブルーレイ 特装版 第3巻 [Blu-ray]出演:本多真梨子角川書店(2011-08-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 懐かしのジャンケンキター(゚∀゚)ー! 

2011年9月第四週のアニメ(日常)

・日常 第26話「日常の最終話」 ゆっこがサプライズでなのの誕生日会を企画する話など。 最後の週はそのサプライズ企画が実行される「日常の113」などがとても良かったです。 …何だかんだで様々な...

日常 第26話 【日常の26話】 感想

「ナノちゃんの誕生日会やろう!」 おお、最終回らしい。 遊園地て落とした財布はミオちゃんの責任になったの? さりげなく気になりました。 笹原先輩には振られたの? 「まだ全然好きだし!」 はい、認めました! 最終回でのカミングアウト。この恋路の行方を知る?...

日常 26話(終)

日常 26話(終) 『日常の最終話』 ≪あらすじ≫ ロボット女子高生「なの」は、元気で明るいバカ「ゆっこ」、常識人だけどBL好き「みお」、クールな問題児「まい」と一緒にハチャメチャな日々を過ごし、家...

【アニメ】日常 26話(最終回) 嬉しくなったときに適度語句がそこそこ回る!!

日常 26話「どういうこと!?」 の感想を 今まで長い間”適当語句”をやってきたけど、どうでしたか? 面白かったですか? ツマラナかったですか? なんにせよ、今回で最終回ですし最後です、どうぞ楽しんでくださいな♪

日常 第26話 「日常の第二十六話」 感想

みんなの「日常」―

日常 第26話 9/26 あらすじと感想 #nichijou

 2期を希望します。  ユッコちゃん、みおちゃん、マイちゃんは、なのちゃんの誕生日を祝うパーティを開こうと盛り上がる。ちなみに、ケーキ代は、みおちゃん持ちw。  ユッコちゃんは、なのちゃんの...

日常 第26話「日常の第二十六話」

奇跡の連続の日常も今回で最終回。 この作品が作られたことが一番の奇跡だけどね(笑) 京アニだからのこの出来でしたから… 2期を作ってくれる望みは無いですよね(^^; 製作変わったらこれ以上のもの...

日常 第26話 (最終話) 『日常の第二十六話』

アニメ 日常 第26話 (最終話) 『日常の第二十六話』 【 最終回って・・・どゆこと!? 】 ≪今回の見所≫ ※所々に出てくる背景シーンは“真の日常”のシーンです ≪感想≫ ・ゆっこは福を招く  >日常...

日常 第26話(最終回) 「日常の第二十六話」 感想

日常は奇跡の連続。 奇跡使いのゆっこ、凄いよ! でも、ゆっこの本当の凄さは、なのの誕生日会を提案する優しさですね。 妄想がふくらみがちな夢見る女子高生「ゆっこ」の周りにはロボやら鹿やら ...

日常第26話「日常の第二十六話」最終回 レビュー・感想

周る日常、まわるネジ、それは嬉しさの数だけ ゆっこが振りまく小さな幸せ♪ ドーユーコトーッ!??いきなりなのの誕生日を祝おうと言い出すゆっこ、しかも財布を忘れて言いや ...

『日常』 最終回 観ました

途中で観想記事を書くのをやめてしまった『日常』ですが…やっぱり最終回くらいはチャンと書かないといけない気になってしまう最終回でしたので、書くことにしました。 と言う訳で… 大まかなテーマはなのちゃんの誕生日のお話でした。 何故か、唐突にゆっこがなのちゃ?...

日常 最終回26話「日常の二十六話」

最終話の脚本って、あらゐけいいちさんだったんですね。なのにスポットを当てていたことからすると、思い入れの深いキャラなんでしょうか? 日常のDVD 特装版 第4巻(2011/09/30)本多真梨子、相沢舞 他商品詳細を見る

日常 最終回

ゆっこの提案で、なののバースデーを祝うことにするみおと麻衣。 みおはてっきり本日がなのの誕生日なのかと思っていたら、まったく関係ない ようでしたw サプライズと言うゆっこですが、彼女はなのに誕生会をするために家に行っても 良いか聞こうとしていて、みおに...

アニメ短評、最終話系。『ゆるゆり』『日常』『花咲くいろは』、最終話までと、まとめ。

なんやかんやで今期アニメも終わっていく・・・そして秋期が始まる・・・『ゆるゆり』と『日常』の最終話を観て、なんかものっそい「夏の終わり」を感じた、そんな、秋の一日。~ ...

日常 第26話

大門ダヨ 遂に「日常」も最終回か・・・ おっ!? じゃんけんが復活してる!? 友人M大喜びww

日常 (第26話『日常の第二十六話』)(最終回)

「日常」の第26話です。 最後の最後で、なにかと負のスパイラル続きだった、ゆっこが奇跡の連鎖で爽快感。でも、その爽快感はカボチャまでは到達しなかった様子。どこで、あんな強硬なカボチャを手に入れ...

どゆことー!?

ケーキはスタッフが美味しく頂きました落ちてきた黒板消しを避け、蟻の命を救いぶつかって笹原のコーヒーを溢すが、ぶつかったみさとが誤って自販機のブラックのコーヒーを押しもう...

どゆことー!?

ケーキはスタッフが 美味しく頂きました落ちてきた黒板消しを避け、蟻の命を救いぶつ

日常第26話 「日常の第二十六話」

日常第26話 「日常の第二十六話」の感想です。 やはり主役はなのちゃんだったか! ホントにいい最終回でした!

日常~第26話

 高校1年生の相生祐子(ゆっこ)の、のんびりのほほんとした日常生活。 そこに転校生として通い始めたロボットのなの 第26話、最終回☆ バースデー突然ゆっこは、なのの誕生...

「日常」26話(fin)の感想

「日常」26話(fin)、観ました。 サプライズ・バースデーパーティー。最終回も、相変わらずあんまし普通じゃない日常で・・・・。

◎日常#26「日常の第二十六話」

ナノの誕生日会をしようとユッコがいう。ユッコは今日という。ユッコ「今日かどうかは知らないんだけどね。」ミオ「どういうことー。」ユッコ「サプライズってことー。」ミオ「どう...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。