スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ドォルズ:13話感想&総括

神様ドォルズの感想です。

ほー、こういう最終回か。

人間関係が明確になったくらいだね(汗)

日々乃が匡平に気を許し、そして阿幾と匡平の以前の仲を強調。むしろそういう路線で終わらせよとは元々してたのかな?
とりあえず日々乃と匡平はキスしちゃったからそこはもう両想いということでいいのかな。そして最後は匡平と阿幾の会話。昔は良かったけど、もうそこには戻れないような、そんな雰囲気って感じでしたね。あの会話を見てる限りは、やっぱりお互いがお互いを認めてはいるんだけど、成長とともに自分のことや周りのことを自覚しだしたからそうもいかなくなったって様子ですよね。やはり、お互いにかわいそうな人生を歩んできていると思いますね。まあ、元々阿幾は匡平のことをかなり気に入ってますからね。

てか、阿幾だけじゃなくて桐生やまひるにも好かれてるしね(笑)

もちろん詩緒もってのは当たり前だけど(笑)ホント、人気者である。てか匡平は敵方の日向家の人の方が好かれてる多いじゃないですか(汗)
でも、こうやって今は敵対してても、昔を思い出して笑えるというのは、何だかんだで微笑ましい光景ではありますよね。こういうのを見ると、過去の話というものがより際立ってきます。

流れとしては、やっぱり無意識のうちに匡平がククリを操作していたということになるんでしょうかね。あの歌も詩緒バージョンのものではなく荒ぶってたし(笑)
ただ、以前の匡平が阿幾に殴りかかってククリを暴走させてしまった時があったけど、あの時は詩緒のとっさの命令に従ったんだよね。

結構、案山子って移り気なのか?(笑)

まあそんな簡単にご主人様変更とかされたら隻もやってられないが(汗)
これはどうなんでしょうね。やはりメンタル面が重要になってくるのかな。ある程度冷静にいないとダメみたいな。おそらく案山子は隻の心にも反応するから、隻が心を乱しているときは暴走してしまうのは間違いない。匡平もそれを怖れているしね。

隻になるということ、それには一体どのような心持ちをしなくてはいけないのか。そしてああやって他の人の命令に従ってしまうようになる理由とは。やはり、案山子も状況に応じて隻の「器」というのを量ったりしてるなかなーとは思いましたけどね。まあ…この辺は今期ではおあずけですね(笑)

というわけで、神様ドォルズ、完結です。


<総評>

1話を見た印象としては、いきなり死体があったりとかなりグロテスクな重い話になるのかなって思ってました。キャラも深い傷を抱えているようで、謎の案山子という見方によっては妙な怖さを感じるものも出てきて、なかなか人を選びそうなアニメかなって思っていました。

しかし実際は、確かにキャラの傷を強調したりとおぞましい部分もあったんですけど、キャラクターも詩緒を始めとして特にピリピリしたような様子は無く、むしろなかなか和気藹々としていたなっていう印象です(笑)見た目がおぞましく見えた案山子も、ククリとかは何か可愛く見えてきたし、思った以上に暗い話にならなかったなと思いました。ククリがそういう風に見えなかった一つの原因としては、番組最後の神様ドォルズ講座の影響をなくして語れませんよね(笑)
内容も7話は精神的に来る話ではありましたけど、それ以外はシリアスは大体は戦闘とかがメインだったから、その辺も重たさを感じませんでしたね。

キャラクターとしては総じて表情が豊かで、崩したような表現も多かったというのも暗い雰囲気を感じさせなかった要因ですけど、その最たるものが詩緒でしたね。彼女の顔芸とも言っていいような数々の表情には和ませていただきました(笑)講座で顔芸特集が組まれるくらいですからね(汗)
匡平は今は自分の力を恐れて縮こまってる部分があるので、本編ではそこまで主人公らしさを感じさせなかったんですけど、だからこそ終盤の回想ではまだ小さかった頃の匡平の力が描写され、主人公らしさを出すことが出来ましたね。7話の先生の話も自分は気に入っているので、このアニメは回想が良かったなという印象です。普通、回想ってそんなに評価されないものなんですけどね(汗)
阿幾はいろいろと怖い印象を植え付けていたにもかかわらず、中盤からは縛られキャラになり、さらに人間らしさを感じる描写もところどころにあったので、実際かなり毒が抜けたキャラになりましたよね。やはり根本は優しい、そして普通の子なんだなって。それが最終回の匡平と笑いあうシーンに繋がったのかなって思いました。
日々乃さんは終始トラブルに巻き込まれた人でした(汗)まあこの人は初回のインパクトがやばかったからなあ。彼女が立ち上がった瞬間、その胸に目が行かなかった人は絶対いないと思うから(笑)巨乳好き嫌いとかそういうのは関係なく、異常な存在感を出していましたからね(汗)おかげで劇中でも胸の大きなお嬢ちゃんという印象がついちゃってましたから(笑)

サブの方はいい味出してる個性的なキャラが多かったと思います。匂司朗はいいおにいちゃんだったし、まひるは途中から出てきたとは思えないくらい存在感を出していたと思うし、桐生も上手く詩緒と対比できてたね。また久羽子も恐ろしい行動力を持ってるし、最終回でもかき回しましたね(笑)
ちなみに自分は器師の靄子が好きだったりします。匡平と夜道で話しているところとかすごく良かったですね。阿幾が気になってるようでしたけど、匡平のよき聞き相手という印象の方が強かったですね。

ストーリーに関しては、いろいろと不完全燃焼なんだろ?ということですけど、ある程度の抑揚をつけていて、そして何気に引きが上手かったよね。次回がすごく楽しみになるような終わり方をするもんだから何気に毎週楽しみにしていました。そういう面で演出では光った作品だったんではないかなって思います。

音楽はOP、EDとも印象的。不完全燃焼なんだろ?はネタとして使われてしまいましたけど、実際は匡平の自問自答の歌だったのかな。EDは先ほども書きましたが演出面で気に入りました。EDの入り方が凄く良かったですね。

「神様ドォルズ」
枸雅匡平:岡本信彦
枸雅詩緒:福圓美里
史場日々乃:茅野愛衣
枸雅阿幾:木村良平
日向勾司朗:村瀬克輝
日向桐生:小林由美子
日向まひる:花澤香菜
杣木靄子:高垣彩陽
杣木由良子:山口理恵
瀬能千波野:鍋井まき子
枸雅篤史:三宅健太
空張久羽子:沢城みゆき

OP「不完全燃焼」
ED「スイッチが入ったら」


総合評価:C

ストーリーはもう少し進めてもらいたかったけど、何気に1クール楽しめたなって思えるアニメ。キャラクターもなかなかよかったし、思えば惜しいアニメだったのかなと(汗)2期をやるなら是非見たい作品ですね。今度は完全燃焼させてください(笑)

最後にスタッフ、キャストのみなさんお疲れ様でした。何ていうか、すごくを感じました(笑)

神様ドォルズ、一応レギュラーでタグをつけていたんですけど、終盤更新を休んでしまって申し訳ないです(汗)とりあえず完走とはいきませんでしたが、閲覧者の皆様ありがとうございました。では。


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神様ドォルズ 第13話・最終回 感想「隻・枸雅匡平」

神様ドォルズですが、匡平と日々乃は何とか助かります。匡平は夢と現実の中で日々乃を抱きしめますが、これ以上危険にさらしたくはないので日々乃とは別れようとします。 しかし、日々乃は自ら唇を重ね、私は匡平様の所有物ではないが嬉しかったと二人は抱き合います。二...

神様ドォルズ13話 感想

今週で遂に最終回の神様ドォルズ 匡平の起動音でのククリが、圧倒的な力でマガツヒを破壊するところから始まる。 その後まひると桐生は逃走し、匡平は病院へ。 目覚める際、偶然にも乳乃・・じゃなく...

神様ドォルズ 13話(最終回)

匡平「オレは部外者だった…」アッカリーン「せやな」 というわけで、 「神様ドォルズ」13話 エア主人公の巻。 結局最後までいいとこなし! やたらかっこいいサブタイも、今となっては虚しく響くだ...

神様ドォルズ 13話(最終話)「不完全燃焼からもがこうとした最後でした」(感想)

「日々乃は俺のものだ」といったことで 匡平は日々乃さんとの距離をグッと近づけました。 アキとのわだかまりも多少解けたようで、 ある程度人間関係をまとめた話でした。 という事で最終回でした。 物語的には気になるところが多いですが、 今までの展開や演出が...

神様ドォルズ 第十三話 感想

日々乃さんは俺のものだ! 「神様ドォルズ」第十三話感想です。 不完全燃焼/スイッチが入ったら(2011/07/27)石川智晶商品詳細を見る

神様ドォルズ 最終回13話「隻・枸雅匡平」

匡平と阿幾の決意。 神様ドォルズ 第2巻 [Blu-ray](2011/10/26)岡本信彦、福圓美里 他商品詳細を見る

神様ドォルズ第13話(最終回)感想「隻・...

玖吼理の暴走-----------!!突然隻の支配から逃れ、戦いを始めた案山子たち。玖吼理はすごい力で禍津妃に攻撃をしかけ、匡平と日々乃を掴んでいた腕をビームで引きちぎってしまったの...

神様ドォルズ 第13話(最終回) 感想「隻・枸雅匡平」

玖吼理の暴走-----------!! 突然隻の支配から逃れ、戦いを始めた案山子たち。 玖吼理はすごい力で禍津妃に攻撃をしかけ、匡平と日々乃を掴んでいた腕をビームで引きちぎってしまったのだ!! 咄嗟に宙に飛ばされたふたりを救った勾司朗。 なんとか助かったものの...

神様ドォルズ 第13話 「隻・枸雅匡平」 (終)

いろんな意味で匡平無双。「神様ドォルズ」の最終話。 テレビ東京アニテレサイトはこちら。 禍津妃の打撃を頭に受けて気を失う匡平。そのとき先に打ち落とされていた玖吼理が 詩緒の制御下にないにもかか...

【神様ドォルズ】最終話 結局、紫音を登場させるのかよ!!

神様ドォルズ #13 隻・枸雅匡平 351 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/09/28(水) 01:59:50.20 ID:83xY3jTmO これ二期が無かったら不完全燃焼過ぎるよwww 36...

神様ドォルズ #13 隻・枸雅匡平

暴走案山子バトルからヒビノさんとの急展開!?  とりあえず第一期(?)最終回です。

神様ドォルズ 第13話 隻・枸雅匡平

何人もの隻が束になっても手を焼いていた暴走した禍津妃を一方的に叩き潰していく玖吼理。 詩緒の制御化にないようで、意識を失っているけど機動音やその力量を見ると、匡平由来 ...

【アニメ】神様ドォルズ 13話(最終話) それが間違いなら、今から正せばいいわ

神様ドォルズ 13話(最終話)「隻・枸雅匡平」 の感想を 「匡平」が持つ力をめぐって繰り広げられてきた事件の数々 「阿幾」はその力で村を潰す事をたくらみ、「ひまり」はその力に惚れた 大きすぎる力に怯えていたが、そんな自分にピリオドを打つ

「神様ドォルズ」第13話(終)

匡平の戦いは、これからだ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109280000/ 神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.09.22 メディアファクトリー (2011-09-21) 売り上げラン...

神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平」 感想

隻として再び向き合う覚悟 まひると禍津妃の件も一通りの決着がつき再び阿幾と対面した匡平。 もう逃げることはせずに全てに決着をつける覚悟を決めた匡平の明日はどうなっていくのか。 あのラストシーンのカットを見るに次を期待してもいいんですよね?

神様ドォルズ 第十三話 隻・枸雅匡平

 日々乃だけズルい。詩緒は最後までかわいいですね。

神様ドォルズ 第13話(終) 『隻・枸雅匡平』

いよいよ神様ドォルズも最終回です。案山子を持たない匡平はそれでも生身で禍津妃に取り付いて日々乃を助けようと必死。しかし絶叫したのちに殴られました。やっぱり無理かと思ったら停止したはずの玖吼理が覚醒。歌が違います。いよいよ匡平の本気が見られるか。 匡平寝?...

『神様ドォルズ』#13「隻・枸雅匡平」(最終回)

「阿幾、俺ももう逃げない。決着をつけよう」 to be next story? 日々乃のピンチに絶叫するも、禍津妃の一撃を受け昏倒する匡平。 その間、玖吼理が詩緒の意に反して、 勝手に禍津妃と戦い始めたようなのだが…

神様ドォルズ 第13話 「隻・枸雅匡平」

第13話 「隻・枸雅匡平」 不完全燃焼www OPがすべてを物語っているような終わり方でした。 分割2クール前提だったんでしょうか? 頭を殴られて気絶してしまった匡平。 隻・枸雅匡平の力で...

神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平」

不完全燃焼なんだろ? そうなんだろ? ♪ まぁ歌詞どおりな最終回になるだろうって想定どおりでしたね(苦笑) 分割2クール(?)なのは先に発表した方がいいのかどうか。 発表してたら見られないってこともあるのかな? ▼ 神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平...

神様ドォルズ#13

第13話 『隻・枸雅匡平』 ――チョイ拾い!!

[アニメ]神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平」(最終回)

うううっぅぅ。 (ノД`)シクシク 匡平と阿幾の笑いが二人の哀しさの同調に見えてしまって、最後まで救いのない物語を貫いたと思う。

神様ドォルズ 第13話(最終話)「隻・枸雅匡平」 感想

ククリと自分の間に違和感を感じる詩緒ちゃん 匡平の叫びがキッカケで動き出したように思えたククリだったが肝心の匡平は気を失っている状態、では今ククリを操っている者は誰なのか?詩緒ちゃんが違和感を感じると言うのなら詩緒ちゃん自身はククリと繋がってはいるが...

神様ドォルズ 第13話 (最終回) 「隻・枸雅匡平」 感想

え、ここで終わり!? 来週も続くのかと一瞬錯覚しました。 今回はついに進展した キョウヘイとヒビノの関係が良かったです。

神様ドォルズ #13

【隻・枸雅匡平】 神様ドォルズ 第2巻 [Blu-ray]出演:岡本信彦メディアファクトリー(2011-10-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 決着を付けよう!という事で最終回です~♪ 

神様ドォルズ 第13話 【隻・枸雅匡平】 感想

マガツキだけでなく、ククリも暴走! 今まであんな力出したことありましたっけ? そんな感じで最終回。どんな締め方をするのか刮目しましょう。 神様ドォルズ 第2巻 [Blu-ray](2011/10/26)岡本信彦、福圓美里 他商品詳細を見る

『神様ドォルズ』 13話「隻・枸雅匡平」

「隻・枸雅匡平」誕生(した?)

神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平」 最終回 レビュー・感想

「あの川原で食ったよなぁ、美味かったなぁ。」 対立していたはずが子供の頃のおはぎの思い出にいつの間にか花が咲く。それなのにいつから二人は道を違えてしまったのか・・・  ...

神様ドォルズ 第13話 (最終回) 「隻・枸雅匡平」

末永く爆発してください。

日常系作品の面白さはどこにあるのか…?(日常とか神様ドォルズとか)

【海賊戦隊ゴーカイジャー 第31話】オーレンジャーの当番回。 …だったんですが、全部バスコさんに持っていかれた感じですね。ついに戦闘形態を見せたバスコさんですが…特別格好 ...

神様ドォルズ 13話 「隻・枸雅匡平」

「神様ドォルズ」の第13話です。 前回よりまひるの禍津妃が日々乃さんを連れたまま暴走。そしてさらには、詩緒の玖吼理までもが暴走。といっても、玖吼理は禍津妃から日々乃さんを救い出していたので、暴...

「 神様ドォルズ 」13話(fin)の感想

「 神様ドォルズ 」13話(fin)、観ました。 日比乃を救うために禍津妃へ素手で立ち向かう匡平だったが、頭に一撃を受け、気を失ってしまう。一方、まひるのコントロールを外れて暴走する禍津妃により大きなダメージを受けていた玖吼理だったが、再起動した後、凄まじい力を発

◎神様ドォルズ第十三話隻・枸雅匡平

13キョウヘイがなぐられる。ククリ暴走。落ちてきたのをグラサンがたすける。グラサンがマヒルにビンタして連れて行く。マガツチは、爆発。キョウヘイ病院に運ばれる。マヒルはい...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。