スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero:2話感想

Fate/Zeroの感想です。

着々と戦争参加者が増えている模様。

終始明るい要素がないなー(汗)

まあ別にそんなに明るい要素を求めてるわけじゃないし、戦争するっていうんだからそれなりの緊張感が出てる方が高揚するからいいんですけどね。随時キャラクターについても挟んでいってるから、どういう人たちが参加しているのかというのもわかりやすいようになってると思います。

でもその中でイリヤは良い癒しでしたね(ぇー)他が個性的過ぎるというのもあるけど、切嗣、セイバーの陣営は素晴らしく安心して見ていられます(笑)

で、今回はウェイバーさんが英霊(どうもサーヴァントと読むのに慣れない(汗))を召喚しましたけど、何か見た目強そうだし、ウェイバーとはいろいろと反対になってたから、マスターの性格や個性が英霊選びに反映されるっていうことはないのかなーって思いました。
でも、フェイトと切嗣は世界救済の意見で一致していたし、後に出てきた雨生龍之介というジャンキー野郎が同じくジャンキーな英霊を出してたし(汗)ウェイバーは何か異質でした。あれかな?元々盗んだものだったから、ケイネス寄りということだったんでしょうかね。それとも聖遺物が全てを決定するのか。…この話題がどこまで重要なのかは分からないけど(笑)

…でさあ、その龍之介ですけど、また厄介なマスターが現れたなーって思いましたよ(汗)あの子ども惨殺シーンはビビッたなあ。少しでもキャスターはいい奴なんじゃないか?って思った自分が情けない(汗)あの笑顔は黒い笑顔だったかー。
てかキャスターが言った台詞、

キャスター「希望から絶望へ変わった落差を味わうのが素晴らしい」

上げて落とす戦法…どっかの虚淵氏アニメで見ましたなー(笑)

つまりこれがこの人の常套句になっていくわけか。全く、最低だけどその通りですよ(汗)

それで最後、アサシンがアーチャーにやられたのこれ?(汗)早速ですなあ。確かに戦争において単独での暗殺者ってすごく不利だと思うんですよね。暗殺者は表が居てこそ活躍できるものですからね。そもそもアサシンのマスターは戸惑い気味だったし、完全なかませということでよろしいんでしょうか?(笑)

というわけで説明が少なかった分2話の方がすんなり見れたというのはあったかもしれませんね。とりあえず出てきたマスターは現時点で6人かな?あと一つは次回でしょうかね。

まあ全員出る前に一名リタイアしてしまいましたけど(笑)

戦争ということだから、一応宣戦布告みたいな形で正式にスタートするかと思っていたんだけどね。監督もいるわけだし。…まあその監督役がアーチャーのマスターと共謀してるようでしたけど(汗)

何でも願いが叶うものをかけてるわけだからそりゃ誰もがいきり立ちますかねやっぱり。とにかに、次回がすごく楽しみです!では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

Fate/zero2話感想

いやー今回は1話が1時間だったせいか、30分があっという間に過ぎた感覚でしたwライダー陣営&セイバー陣営とキャスター陣営の落差がすごかったですね。

特にキャスターの上げて落とす戦法は、まぁそうですよねww最近のあの作品を思い出しますよねw原作者様が一緒ですから作風が似てても当然なんですが、zeroはあの作品の前に書いたものなので、ある意味原点らしいです。それをマイルドに表現したのがあの作品らしいんです。

アサシンに関しては、2話のタイトル「偽りの戦端」が伏線みたいな感じですね・・・

あとEDが素晴らしかった!英霊たちの生前の姿が絵になっていて、とてもよかったです。

ちなみに、英霊召喚は聖遺物が最優先で、次にマスターの性格や個性が重視されます。



ひささん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>いやー今回は1話が1時間だったせいか、30分があっという間に過ぎた感覚でしたw

ですねー。しかも1話は最初の30分ちょっとは説明で話が進まなかっただけに、2話のスピーディーな展開は爽快でした。キャラも少しずつ分かってきたように思います。

>zeroはあの作品の前に書いたものなので、ある意味原点らしいです。それをマイルドに表現したのがあの作品らしいんです。

なるほどー、確かに時系列的にはfateの方が早いですからね。まあ自分はまどマギで初めて虚淵さんを知ったんですけどね(汗)
一番絶望を深くするやり方…これからの展開でも随所で見られそうです。おそらく雁夜と桜についてはもう逃れられないでしょうからね…(汗)

>あとEDが素晴らしかった!英霊たちの生前の姿が絵になっていて、とてもよかったです。

あれ生前の姿だったんですか!セイバーって生前男みたいでしたね。何で変わったんだろう(笑)

>ちなみに、英霊召喚は聖遺物が最優先で、次にマスターの性格や個性が重視されます。

なるほど、やはり聖遺物が重要なんですね。まあその者の遺物だから、やっぱり持ち主が使いたいというのが大きいでしょうけど。

No title

2話も相変わらずの映画クオリティで感激しました

>イリヤは良い癒しでしたね

こういう作品では癒しキャラが何より貴重ですよね
ウェイバー陣営もなかなかの癒しキャラ達ですが(笑)
全陣営が揃って次回からは一気に盛り上がってくるので楽しみです

ところで、現在公式で原作一巻(次回の冒頭くらいまで)
の内容が公開されているのですが
アニメではわかりづらい基本設定が把握できるので
時間があれば一読してみてはいかがでしょうか
お節介だったら申し訳ありません(汗)

No title

聖遺物が無くとも召喚は可能です。 
ただその場合召喚者の性質に近い英霊が召喚されます。
だから龍之介はあんな殺人狂のキャスターを召喚してしまったのです。
召喚者の性質に近いので今回のように波長がぴったり合い仲良くなるか、同族嫌悪で相いれないかのどちらかですね。

リッシーさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>こういう作品では癒しキャラが何より貴重ですよね

全般的に暗いので、やっぱりこういうキャラが人一倍光りますよね。悪い意味で光るやつももちろんいていいですけど、やっぱり…ね(笑)

>ウェイバー陣営もなかなかの癒しキャラ達ですが(笑)

ウェイバーもなかなか可愛いやつでしたね。英霊とはデコボココンビみたいですけど、だからこそそのかみ合わなさを楽しんでみたいと思いました(笑)何気に浪川さんの演技がウェイバーの可愛さをより顕著にしているように思います。

>ところで、現在公式で原作一巻(次回の冒頭くらいまで)の内容が公開されている

むむむ、そうなんですか…。それは気になるところですけど…う~ん(汗)検討してみます。情報ありがとうございました!

カミサカさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>聖遺物が無くとも召喚は可能です。 
ただその場合召喚者の性質に近い英霊が召喚されます。

補足どうもありがとうございます。つまり聖遺物>性質という優先順位があるということなんですね。てことはウェイバーはあの聖遺物を盗まなかったらもっとヘタレな英霊を召喚していた可能性があるということなんですね(笑)

>召喚者の性質に近いので今回のように波長がぴったり合い仲良くなるか、同族嫌悪で相いれないかのどちらかですね。

龍之介の場合はまさに適合者だったわけですか…最凶コンビとなっていきそうです…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fate/Zero 第2話 10/9 あらすじと感想

それぞれの召喚。 ウェーバーくんが召喚したサーヴァント「ライダー」はイスカンダル大王らしい。アレキサンダー大王のことですね。豪快な人物らしく、マスターたるウェーバーく ...

Fate/Zero 第02話 感想

 Fate/Zero  第02話 『偽りの戦端』 感想  次のページへ

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」 感想

マスターとサーヴァントが揃い踏み 召喚されたサーヴァントを伴い聖杯戦争に向け準備を始めるマスターたち。 それぞれの思惑を胸に抱えつつ聖杯戦争が迫る中で全てのマスターが聖杯に選ばれ。 聖杯戦争開戦直前の中で早速敵対者に仕掛けるものが現れ始め…。 聖杯戦争...

Fate/Zero 第二話 「偽りの戦端」 感想

ウェイバー・イスカンダル組以上のラブラブっぷりを見せる龍之介・青髭組登場。 EXTRAといい、触媒なしでサーヴァント召喚したペアの相性の良さは異常。 ネタバレ注意。 アインツベルンの森の中で戯れ...

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

今回も面白かったですね。 30分がアッという間でしたよ。 王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)の演出が格好良くて素敵でした! ディーンの時とは、大違いですよ。 アインツベルンの森の中で戯れる...

「Fate/Zero」第2話

綺礼がアサシンに、時臣抹殺を命令・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110090001/ Fate/Zero (2) (角川コミックス・エース 345-4) posted with amazlet at 11.10.05 真じろう ...

【Fate/Zero 第二話 偽りの戦端 感想】

キャスター怖すぎだろ・・・jk あれは悪魔の笑顔だわー 夢に出てきそうだから困る 話のほうはまだ本格的には始まってないですが、それでも十分楽しめています

Fate/Zero 第2話

Fate/Zero 第2話 『偽りの戦端』 ≪あらすじ≫ 聖杯戦争に合わせて呼び出される過去の英雄・英霊たち。サーヴァントと呼ばれる形によって現代に一時的に蘇る彼らは、規格外の存在であった。 ウェイバー...

Fate/Zero 2話「偽りの戦端」感想

聖杯戦争勃発! まだ全員出揃ってないのに いきなり被害者が出てしまいました。 次は誰が死ぬんですカネ?

Fate/Zero 2話感想

まず本作の放送形態についてですが、どうやら分割2クールとなるようです。本作は12月まででその後一旦休憩をはさみ、2期目は来春4月からスタートとのこと。 サブタイトル「偽りの戦端」 サーヴァントの...

Fate/Zero 2話「ロリイリア=ロリアが可愛すぎる。キャスターの非道さも見事」(感想)

イリア可愛い。イリア可愛い。 彼女の可愛さとは裏腹に 血生臭い展開が今後は多くなるのでしょうね。 1話の説明会から比べると ずいぶんすっきりした内容に収まった2話。 この見やすさが続けば、と...

Fate/Zero 2話

配られたカードで、勝負するしかないのさ。 というわけで、 「Fate/Zero」2話 相棒の巻。 超大物と超小物。 このコンビはなんか和むな。親子か。 征服王イスカンダルさんと、ひょろい学生さん。 ...

Fate/Zero 第二話 偽りの戦端

Fate/Zero 第2話。 役者が揃い始め、戦いの火蓋が切って落とされる―――。 以下感想

Fate/Zero第2話「偽りの戦端」

 令呪を与えられた魔術師達は、獲得した聖遺物を媒体としてサーヴァントを召喚した。切嗣はセイバー、時臣はアーチャー、ケイネスはランサー、綺礼はアサシン、それぞれの特殊な力を持った英霊達が現代に蘇った。そして最も若く未熟なウェイバーの目の前にも、自信の手駒

『Fate/Zero』 第二話「偽りの戦端」  ― いきなりボロボロにされたアサシンの明日はどっちだ。

ちょっと俺もクルミの冬芽探してくる。 Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)(2011/01/12)虚淵 玄、武内 崇 他商品詳細を見る 完全に心を持ってかれました。 Fate自体まったくと言って...

【アニメ】 Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

  私が聖杯に託す願いもまた同じです Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 の感想です。

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

イスカンダルボイスに征服された・・・!(笑)ウェイバーのこれからも楽しみですが、言峰の目的や、新たに登場した雨生も気になるところですね。Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想です。

アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第2話「偽りの戦端」 感想

衛宮切嗣とセイバー、ウェイバー・ベルベットとライダー、マスターとサーヴァントの関

Fate/Zero ~ 第2話 偽りの戦端

Fate/Zero   ~  第2話 偽りの戦端  (フェイト/ゼロ) 奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の マスター魔術師が七人のサーヴァント英霊を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極...

Fate/Zero 第二話 「偽りの戦端」

爽やかに登場、ライダーさんでございます。イスカンダル、凄い、好きですよ。この作品の中で、征服王は凄い好き。アーちゃーこと、ギル様との対決は凄い、かっこいいんだよね。 さて、今日は・・・子供好き...

第2話 『偽りの戦端』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 なるほど、確かにヒロインだ…! 前回感想巡りをした際に、多くのブロガーさんが「Fate/Zeroのヒロインは、ウェイバーだ」と書いていたのを目にしたんですが、ようやくその意味がよく分かり?...

Fate/Zero #2

【偽りの戦端】 Fate/Zero (2) (角川コミックス・エース 345-4)著者:真じろう角川書店(角川グループパブリッシング)(2011-10-01)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る やっぱ ...

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第2話 「偽りの戦端」 感想

開戦間近―

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

昼夜逆転生活だなあ・・・ こんばんわ、Misetuです 30分がすごく短く感じましたよ(゚д゚) ライダー陣営は中々うまくいってるようですね マスターが尻に敷かれているようですがw セイバーの方で...

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

 好調な出だしを切ったFate/ZERO(フェイトゼロ)。この勢いはどこまで続くんでしょうか…?今回は前回召喚されたサーヴァントメインに、話は聖杯戦争に向けて進んでいきます。とにかくアニメでライダー陣営のやりとりが観れてもう幸せです~。今回も大満足な1...

Fate/Zero 第02話

関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第二話 偽りの戦端いよいよ召喚された英霊さてここからどう動くのか!?ウェイバーはある場所に忍び込んでいたしかしウェイバーの英霊はそんなことお構いなしに派手にシャッターから出てくるその英霊はイスカンダルどうやら忍び込...

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

MEMORIA(期間生産限定盤 )早く2話が見たくて待ち遠しかったですよ! 今回は、それぞれのサーヴァントの紹介的な展開とかでした。

Fate/Zero 第2話感想

Fate/Zeroの第2話を見ました。 それでは感想を書きます。

『Fate/Zero』#2「偽りの戦端」

「貴様は俺を見るに値わぬ。 虫けらは虫けららしく地だけを眺めながら死ね」 まさかの分割2クールが判明した『Fate/Zero』。 だがまぁ、このクオリティを継続させるためには、多少時間があったほうが… ...

Fate/Zero 第2話 感想

ライダーさんデカい!結構強そうだな! ウェイバーとは相性が悪いみたいだけどね・・・ 意外とこういうペアが後から活躍するとかありそうだよな 旅に地図は必要不可欠ってなんか結構普通なも...

Fate/Zero 第02話 「偽りの戦端」 感想

「一見さんお断り」  第1話はそんな雰囲気もあった、と多くの方が書いていました。 はい、その「一見さん」の管理人です。「お断り」されないよう頑張ります。 予習に第1話を見返してみたら、ちょっとは覚えてきたような。

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

「イリヤもいっこ見~つけたっ♪」 イリヤあああああああああああああああああああああ! ということでロリイリヤ登場!切嗣もたじたじな箱入りお姫様っぷりが可愛い(*´д`*) それにしても一期はこの十年後のはずなのに見た目も性格もあまり変わってる気がしないのだ...

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

英霊も最後の一人を残し召還され、いよいよ聖杯戦争開戦!? ライダーとウェイバーのコンビは どっちが主かわかりませんねw 時代は違っても王は 王の威厳があるというか豪快なライダー(笑) 今は小物の...

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

『アインツベルンの森の中で戯れる切嗣と娘のイリヤスフィール。 その微笑ましい様子を城から見つめていたセイバーは、 召喚された時から、一度も口をきこうとしない切嗣の人柄を理解できずにいた。 また、...

Fate/Zero 第01-02話 「英霊召喚」「偽りの戦端」

一話はかなり説明回(というかキャラ紹介?)だったけど、 最後の4強とも言えるサーヴァントの召喚がよかったです。 しかし時臣「我々の勝利だ!!」は笑えるw

Fate/zero~第二話「偽りの戦端」

 奇跡をかなえるという聖杯を求める7人の魔術師。第2話場面1 ウェイバー&ライダー ウェイバーが召還したライダーは世界征服をたくらむ一方、ウェイバーがほしいのは教会での...

イリヤ降臨!そして青髭さんはきっとキュゥべえのおともだち。『Fate/Zero』2話。

1話の1時間スペシャルの翌週となるこの2話。クオリティを落とすことなく、やってのけた。イリヤの、父・切嗣との、温かい交流のシーンを観て、彼女の10年後の想いを考えると ...

Fate/Zero第2話感想。

誰かが言った、この作品最大の萌えキャラはウェイバーだと。 弟分にしたいキャラって言うのかね(笑) 以下、ネタバレします。ご注意を。 (PCゲーム《Fate/Stay night》 及び 《Fate/hollow ataraxia》の重大なネタバレも含みます)

Fate/Zero第2話「偽りの戦端」 レビュー・感想

そういうずるい事ばっかりやってたら、もう切嗣と遊んであげないんだからっ!  切嗣と遊ぶイリアスフィール、戦いの前のつかの間のひと時、優しそうな笑顔を見せる彼の心中は・ ...

Fate/Zero 第02話 『偽りの戦端』

伝説のアーサー王は小さな女の子だった! 切嗣はいたく気分を害した様子。そりゃ普通は驚きます。だって後世に男だって伝わっている訳じゃないですか。ひょっとして違うの呼んじゃった?と冷や汗をかかされた反動もあるのかもしれない。 ・・・そう思ったら違いまし?...

Fate/Zero 第2話

 少年を殺す悪魔さんのやり方。一度逃がしてあげると見せかけて、いきなり殺すっていう残虐さ。

Fate Zero 第2話 「偽りの戦端」感想

Fate Zero 第2話 「偽りの戦端」感想 イリヤ・カワユス

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

狂気と絶望

Fate/Zero 第二話「偽りの戦端」~切嗣の愛した者~

作    画:10(優しい顔の切嗣は貴重かも) ストーリー:9(各陣営が動き出す) アクション:10(華麗なるアサシンの潜入能力) 萌    え:10(愛らしいイリヤとパパ切嗣に)

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想 + プチ情報

「Fate/Zero」  第2話 「偽りの戦端」 の感想記事です。   1話同様クオリティー高いですねー。   次週への繋ぎ方が上手い!

アニメ「Fate/Zero」 第2話 偽りの戦端

Fate/Zero Vol.2 -王たちの狂宴- (書籍)(2007/03/31)Windows商品詳細を見る 虫けらは虫けららしく、地だけを眺めながら、死ね。 「Fate/Zero」第2話のあらすじと感想です。 散る。 (あらすじ) シャ...

Fate/Zero 2話感想

遅れながらも更新。 まだZeroはプロローグの段階です。

Fate/zero #02 『偽りの戦端』 感想

  それぞれの思惑と正義を胸に徐々に交わり出す戦士の刃。 生死を賭け始まる聖杯戦争、その序章―

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

大魔術グリーンリバーライト

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

「地を這う虫ケラ風情が、誰の許しを得て面を上げる?」 30分が早い早い。先が分かっているのにイヤでも画面に釘付けになる「Fate/Zero」第2話の感想。 あまりの出来の良さに放送後は龍之介みたく「...

(アニメ感想) Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)(2011/01/12)虚淵 玄、武内 崇 他商品詳細を見る アインツベルンの森の中で戯れる切嗣と娘のイリヤスフィール。 その微笑ましい様子を城から見つめてい...

Fate/Zero 2話 「偽りの戦端」 (アニメ感想)

【あらすじ】 アインツベルンの森の中で戯れる切嗣と娘のイリヤスフィール。 その微笑ましい様子を城から見つめていたセイバーは、 召喚された時から、一度も口をきこうとしない切嗣の人柄を理解できずにい...

Fate/Zero#2「偽りの戦端」感想

聖杯を手にして何とする!?サーヴァント、集結す!「偽りの戦端」あらすじは公式からです。アインツベルンの森の中で戯れる切嗣と娘のイリヤスフィール。その微笑ましい様子を城か...

「Fate/Zero」 02話の感想

Fate/Zero 02話「偽りの戦端」、観ました。 切嗣が娘のイリヤスフィール戯れる様子を城から見つめていたセイバーは、召喚された時から、一度も口をきこうとしない切嗣の人柄を理解できずにいた。一方、聖杯戦争の舞台となる冬木市でウェイバーは、契約を結んだライダーの奔放
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。