スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想10/24

今回のアニメはこちら

・境界線上のホライゾン
・C3ーシーキューブー
・真剣で私に恋しなさい!!
・ベン・トー
・未来日記
・WORKING`!!


・境界線上のホライゾン

何か大変なことになってきた(汗)

相変わらず分かるような分からないようなという状態なんですけど、今回起こってるのは、歴史をやり直すということ自体に多大な影響を与えてしまうような出来事なんだろうな。そして原因もよく分からないんだけど、まあとにかくヤバイということだけ分かってればいいか(ぇー)

徳川四天王(松平四天王?)が出てきたのもテンションが上がるわけですけど、そのうちの2人が公主隠しというものにかかってしまったようです。要は神隠しみたいなもんということでいいのかな?
そして忠勝さんの得物蜻蛉切りも登場したわけですけど、どうやらかなりチートな能力を持っているらしい(汗)剣先の止まった蜻蛉がそれだけで切れたという逸話を持っていますけど、この蜻蛉切りも何でも切れるということなんでしょうね。

いろいろとついていけてないんですけど、まあ自分としては戦国時代の英雄の名前が出てくるだけで楽しいからそれだけで見てられるんだけどね(笑)そういや本多忠勝の娘に二代(CV小林ゆう)が出てきましたけど、史実では忠勝の娘って稲姫(幼名)か小松姫で通ってたように思ったんだけど。まあ姫ってつくのも変だし、気にしなくていいか(笑)

・C3ーシーキューブー

あ、もうシリアス一直線なのかな。

個人的には箸休め回を期待していたぞ!(笑)でもイマイチついていけない感があるなあ。3話も説明不足って思った節はあったけどだいたいは説明されてたし、拷問機と人間という面白い着眼点から心情を描いていたから面白かったなって思ったんですけど、今回は何か終始話の中に入っていけなかったぞ(汗)…フィアがキレるにしても、何か安っぽさがなあ…。3話どこいったみたいな(笑)

シリアスならそれでも良いと思うんですけど、だったら心情など内面で勝負して欲しいところですけど、今回はポカーンってした時の方が多かった(汗)

・真剣で私に恋しなさい!!

ああもう杏が大好きになりそう(笑)

何あのエロキャラ?逆に清々しすぎてメチャクチャ良いんですが(笑)
恥じらいがある方がいいというのが現代の志向のように思っているんだけど、そこであえてあそこまで積極的になってくる人に敬意と好意を抱かずにはいられません。これからも毎回のアバンが楽しみだわ!(笑)

で、今はキャラ紹介の真っ最中なんですね。AとBでそれぞれのキャラについて触れているということ。Aパートの裸である時間帯近年のアニメを見てもかなり長かったと思いますよ。
…しかしそういうキャラの印象付けとしてはまゆっちが一歩リードしてるなあ(笑)あれはすごかった。

というわけで何気に楽しめています、マジ恋。

・ベン・トー

感想が湧いてこないが、面白いことは間違いない(笑)

おそらくこのアニメの感想を書く上で毎週出てくるフレーズとして「アホなことを全力でやっている」になるんだろうな(笑)うん、今週もそんな感じだった。

そして何気に先輩がいいなって自分は思っています。可愛いとかそういうのよりも、言葉は少ないけど、的確に後輩のことを思ってくれているなってというその人間性みたいなのですね。食に対する考え方も良いし、相手を倒して弁当取ってきたりと非常識なことをやってはいるけど、かなりの常識人だなって思いますよ。…何か矛盾した言い回しですけど(汗)

・未来日記

由乃怖いよ!!(汗)

最後のシーンヤベェ(汗)ビクってなったよ!お化け屋敷で人並みに怖がっていましたけど、視聴者はあんたの行動に怖がらされていますよ(汗)

今回はゆっきーが由乃の家の禁断のふすまを開けてしまったことで一気に急展開に。死体がいくらかあったわけですけど、それを見たことにより全ての人の未来日記が変更に。ムルムルが言うには因果律が変わったのだとか(汗)
とにかく大々的に未来が変更されたことによりゆっきーと由乃のHAPPYENDも消えてしまったんでしょう。

…前半の明るさはどこへ行った(笑)

今回は終始穏やかなのかなって思っていたらこれでしたよ(汗)まあ引きとしてはかなりのものでしたけどね。ちなみに次回にアバンでいきなりこのポスト越しの目から入ったら自分はスタッフを許さない(ぇー)

由乃の家にあった死体は誰なんだろう。由乃の両親なのかなって思ったんですけど、もう少し深い意味がありそうに思うんですよね。う~ん…。

・WORKING`!!

音尾さんの奥さんは地底人か…。

これは探す上では盲目になるよなー…ってどうやって生活するんだよ(汗)
出てきてみると普通人。普通に気の利く優しいお方。なるほど、要は残念美人ということか。

ワグナリアでは個人的に嬉しい状態が。八千代さんが佐藤さんを意識し始めたのでは無いかということですね。佐藤さんもヘタレな部分はもちろんありますけど、でも八千代さんがどうにかなればこの関係も進展していく可能性は十分あるだろうし…。とりあえず相馬さんの妙な存在感が見ていて面白かった(笑)まあその存在感に関してはEDでも同様に放ってますけどね(汗)


↓押していただけると励みになります。
コメント

こんばんわ

>真剣で私に恋しなさい!!

前回のしろくろさんの感想が後押しになって一気に視聴したのですが、確かに前回のBパートはすごかったΣ
前回と今回に引き続きそれぞれのヒロインにスポットを当てているようでしたね
バトルを期待していたのですが、まあ面白かったので良かったです

Aパートの神谷さんの長台詞には驚愕でした
プロってすごいんですね

>ベン・トー

そうなんですよ!私も感想が涌いてこなくて感想記事を書くときには困ったもんでしたw
面白いことには間違いないのですがね

今回は集団で楽して半額弁当を手にとっていましたが・・・
楽するより頑張って達成した時の気持ちの方が、その余韻に浸れると思いますし洋の選択は正しかったと思います

そして何気に気になっているのは白梅さんのご褒美タイムです(*^^*)
彼女の冷徹さがなんともいえないですね
いや決してそういう趣味ではないのですがこれは嗚呼っともうこんな時間だ!

ではでは失礼しましたー

No title

だから言ったじゃないですかー!由乃さんの恐怖はあんなもんじゃないって
連載初期のマイナー漫画の時点ですでにスクールデイズやひぐらしと並んでヤンデレ大全のヤンデレ四天王に名を連ねていた由乃さんですよ
この程度で畏れていたら正直今後いくつ心臓があっても足りませんぜ(((;゜Д゜)))

ま、まぁ基本的に何があってもユッキー大好き人間なのでユッキー自身は恐怖にさえ耐えていれば身を守ってもらえると思いますがその代わり周囲の人間が…ガクブル

本来は二人の日記にはユッキーがふすまを開けるとは予知されておらず、
開けてなければユッキーは由乃に不信感抱くことも無くコンビを組んですんなりバトルロイヤルを勝ちあがってたんでしょうね

ところが今回不信感を抱いてしまったのでコンビの関係性も予知とは大きく書き換わってしまって
今後の対戦相手などの予定も全て変わってしまったのでしょう

視聴者としろくろさんの心臓が最後まで無事でいられるかが心配です(;=ω=)
原作既読の自分でも今回のラストは少しビビってしまったというのに…
何が怖いって全力疾走で逃げ帰ったはずのユッキーにほぼ同時に追いついてなお息切れ一つしてないとかもうね、ホラー映画の怪物レベルですよ(汗)

たかみちさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>前回と今回に引き続きそれぞれのヒロインにスポットを当てているようでしたね

おお、見られたんですね!今のところはキャラ紹介になっていますけど、おそらく次回から本格的にストーリーが動くんじゃないかなって思います。誰のルートでやるのかとか、気になりますけどね。

>プロってすごいんですね

まゆっちの後藤さんといい、このアニメでは声優の本気を確認できる場でもあるかもしれません(笑)何気に長会話が多いですしね。

>私も感想が涌いてこなくて感想記事を書くときには困ったもんでしたw

やっぱりそうですよね(笑)面白いけど、やってるのは毎回似たようなことなので、やっぱりなかなか文字に表すのは難しいです(汗)

>そして何気に気になっているのは白梅さんのご褒美タイムです

それがおそらくこのアニメの一番の癒しであると思うのでそこは存分に楽しめば良いと思います(笑)普段は謎のバトルを壮大に繰り広げているわけですから(汗)

黒辻さんは俺の御主人様さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>この程度で畏れていたら正直今後いくつ心臓があっても足りませんぜ

おおう、まだまだ恐ろしくなるんですか(汗)ひぐらしは見てないので何ともいえませんが、スクイズはやばかったでしたからねえ…。

>周囲の人間が

回りもやっぱりやばいんですか…まあ仮にも殺し合いをしてるわけですから殺気立つのも仕方ないですけどね…(汗)

>ところが今回不信感を抱いてしまったのでコンビの関係性も予知とは大きく書き換わってしまって
今後の対戦相手などの予定も全て変わってしまったのでしょう

なるほど、不信感の問題なんですね。死体が家にあるような子なんて…という疑念が支配してしまったことで、彼女を信じられなくなってしまったと。遊園地では彼女の女らしさに気づき始めて心を許しかけていただけに、惜しいですね。

>何が怖いって全力疾走で逃げ帰ったはずのユッキーにほぼ同時に追いついてなお息切れ一つしてないとかもうね

まさにホラーの世界(笑)目にとらわれてそこは気にしなかったんですけど、そういうばそうだ(汗)由乃の恐ろしさはこれからも続いていきそうです…。

境界線

いや~五話使って全く解らない解らない。
俺翼以上に色々消化不良。
登場人物も印象に残らないし、蜻蛉斬のおっちゃん初めおっちゃん達の印象は鮮烈だったけど。
ここまでがday beforeでこっからが本編なのでしょうか。
ここまで見たらどっかで消化してやるって気になってしまうくらい来週が楽しみです。
毎週、何となく見て何となく終わっていくベン・トーとのコントラストが素晴らしいです。

しろさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>いや~五話使って全く解らない解らない。

ですよね(汗)自分もホライゾンはほとんど意味不明な状態が続いています。とにかく、忠勝のおっちゃんや角鹿さんがいいキャラを出していたので、そういう面を楽しめていたらいいかなって思っています(笑)設定の面では後々もう少し明るみになってくると思いますしね。今はスケールに圧倒されてる見方でいいんじゃないかと(笑)

>毎週、何となく見て何となく終わっていくベン・トーとのコントラストが素晴らしいです。

ベントーは逆にめちゃくちゃシンプルですしね(笑)何をやってるのか分からないという意味は「設定的に」ではなく、「現実とあまりにもかけ離れているから」という解釈になりますし(汗)でもはっきりしているところははっきりしていて、テーマが分かりやすく、そして全力でやってる姿は見ていて爽快だと思いますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

C3 シーキューブ 第4章 「夜には母親と抱き枕を」

C3-シーキューブ- 1 (期間限定版) [Blu-ray](2011/12/21)田村ゆかり、梶裕貴 他商品詳細を見る  フィアのことを知っても驚かない上野錐霞。やはり、委員長は 只者ではないのですね。委員長  ...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。