スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想11/30

今回のアニメはこちら

・ましろ色シンフォニー
・マケン姫っ!
・侵略!?イカ娘


・ましろ色シンフォニー

実は今期の中でもかなり楽しんでいるアニメだったり(笑)

ましろ色をこのブログで取り上げたのは初めてなんですけど、いやーまさかここまで面白くなってくるとは思っていませんでした。まさに見えない修羅場が繰り広げられているわけで(汗)

瓜生はみう先輩のことはもう好きであることは間違いないでしょうけど、それですごく悲しんでいるのが紗凪。紗凪はみう先輩のことが好きという事前の形態とはかなり状況が変わってきましたね。おそらくその辺が最大の紗凪の枷となっている部分だと思って、みう先輩の幸せも願ってるけど、瓜生のことが好きだから素直になれない。元々天邪鬼な表現をする子なだけに鈍感な瓜生には想いが伝わるはずも無く、ついに涙を流してしまいました。…さすがに、体の関係があったのではないかと疑われるような発言を聞かされたら、そりゃもたなくなりますよ。

前々回くらいのラストのカットで、ブランコのバックに赤い夕日という場面があったんですけど、おそらくブランコを三角関係として、その中で思いの届かない人を赤色という形で夕焼けをバックにしたんじゃないかなって。このアニメはヒロイン5人のイメージカラーってのが決まっているから、夕日はまさに紗凪の沈みかけの心をピッタリ表していると思うんですよね…(汗)
…個人的には、みう先輩と瓜生がくっつくという1人を選択するという結末は全く問題は無いんですけど、紗凪がある程度救われる展開にはしてほしいなって思っています。振られるにしても、分かり合えず振られるのは後味悪いしね。

・マケン姫っ!

騎馬戦やる時点で水着見れてるジャンという突っ込みはナシですか?(汗)

…そうですね、ナシですね(ぇー)
しかしまた古き良き展開というか…まあそのハチマキの取り方はまた一味あるものではありましたけどね(笑)まあこれも何も考えずにボケーって見れるアニメですよ。そういうアニメは貴重だッ!

まあ少なくともこのアニメの清々しさは自分は好きですよ。もうとにかくエロは外さないという一貫性、さらに無駄にすごいアングルから舐め回すようなやり方をしたり、着替えシーンの作画が良かったり、スタッフは絶対にノリノリでやってると同時に、力を入れなくればならないところが分かってるみたいな(笑)そういう姿勢、自分は支持しています。そうだ、だからこちらに力を入れてるんだからそこまで内容は気にしてはいけないということなんだ!(ぇー)

・侵略!?イカ娘

やっぱり早苗がこのアニメの肝なんだなと(笑)

イカ娘が可愛いというものは基本的にどういう話の展開でもそう思えるので、そこは安定しているんですけど、だからこそあまり強弱を感じることも出来ない部分であるとも思うんですよ。だから、このアニメに緩急をつけるとしたらやはり早苗なんだなと思って(笑)キャラクターとしてかなり強いですからねー。

そして1期では結構ストレートなホラー(人形回)がりましたけど、2期は間接的なホラーが多いなって印象(笑)今回はエビがトラウマになる回がありましたが、エビ自体は怖いものではありませんからね。でもイカ娘がエビはグロテスクなものって言ってしまうと、こっちもそういえばそうだと思ってしまう。思い込みの力って、時には恐ろしいものがありますよ(汗)


↓押していただけると励みになります。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。