FC2ブログ

Fate/Zero:10話感想

Fate/Zeroの感想です。

今日の主人公は凛!

何て言うか…聖杯戦争ってやっぱ怖いもんだなってことが分かった(笑)

凛視点で終始行きましたけど、それだと雨竜龍之介がすげー怖く見えるんだよね(汗)やっぱり、聖杯戦争は特殊な人たちが参加しているし、文字通り戦争なんだなーって。雁夜も出てきましたけど、かつての仲でも今は敵同士。時臣だって例外ではなく、何より雁夜には命を懸けるほどの使命があるわけなので、まさに気概が違うと言うか…。顔は怖いけど、凛を助けたりとやっぱりすごくいい人なんだなって思うだけに、あまり荒れ狂った雁夜さんをそこまで見たいとは思えませんね…(泣)

今回は時臣の娘の凛が友達を救いに行った話。龍之介、キャスターによる子どもの大量失踪が続いているようで、やはり学校でも話題になっているみたいですね。聖杯戦争は基本的に関係外の人を巻き込むのはダメだと思うんですけど、さすがにこうやって話題になってしまっているのはキャスター陣営はいけませんね。まあだから討伐令が出ていますけど、その中でも様々な陣営での策略があるだけに、難しいところ。ライダー陣営もアサシンに邪魔されてまだヒーローにはなれなかったしね…。
そういえば、キャスター陣営の魔力供給ってどうしてるのかなっていう疑問があったんですけど、確か魔力供給が出来る宝具がありましたけど、それ以外ではやっぱり子どもたちによって集めてるってことなのかな。

凛は魔術の練習を必死にしていますが、まだまだ見習いの状態。時臣に助けられるシーンもありましたけど、こういうのを見ていると、時臣はいいお父さんって感じが出ていましたね。綺礼の造反フラグが立っていて、そしてアーチャーからもつまらないと言われ、聖杯戦争側としてはいろいろと立場が危うそうなんですけど、家庭ではしっかりやってるって感じなのかな。凛も時臣のことはすごく慕ってるみたいだしね。

…それだけに、仮に時臣が戦争で命を落としたら凛がどうなるのか怖い(汗)

絶対殺した奴を恨みそうだよ…。綺礼とか候補だけど、「戦争だから」とかそういうの関係なく、とにかく自分のを奪われるんですから、復讐鬼と化したら嫌だな…(汗)今頑張って覚えてる魔術だって、復讐のために使われるようになっていくんだからな…。今回の純粋な友達を救う彼女を見て、そうならないことを切に願いたいですね。

まあそんなネガティブシンキングは置いといて、凛はすごく行動力がありましたねー。見ていてハラハラしましたよ(笑)途中で警察から隠れるシーンがありましたけど、いっそ見つかって家に帰して欲しかったってその時は思いましたからね(笑)ホント、龍之介はヤバイって(汗)
彼女自身も恐怖心は強かったんでしょうけど、それでもこの事件の真相を握っていそうな感じだったし、仲間思いな部分が出ていて、勇敢に行動したんでしょう。怖かったのは承知、最後に母親に抱かれて一気に安心感が来た時に、ボロボロに泣いていたのがその表れでしたよね。常に余裕を持って優雅たれということなんですけど、それをしっかり守った上で、身内には本音を見せたってところかな。この自律と弱さ両方持っているところが、すごくいいなって思いました。

龍之介は今回は見事な悪役だったなあ(汗)おそらくマスターの中ではウェイバーについでの弱さなんじゃないかなって思うんですけど、一般人から見たらやっぱり恐ろしい人。子どもたちを誘拐できたのは、あの腕輪が操っていたからなんですね。アレは何なのかよく分かりませんでしたが、でも凛が魔術を使ったらぶっ壊れたということは、これも魔術的なものが働いていたということなんですよね。キャスターの献上品なんだろうか。

箸休め回なのかなって思っていたんですけど、おそらくストーリー的にはそうなんでしょうけど、個人的には凛が心配で仕方なかったから全然楽な気持ちで見れませんでしたよ(汗)雰囲気はむしろ禍々しかったしね(笑)

まあでも今回の凛の回によって一番株を上げたのは時臣なのかもしれません。少なくとも自分はそう思いました。それだけにこれからの展開にまた嫌な予感を追加させてくれるものでもあったので、期待と緊張をして見たいと思います(汗)では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

カリヤン

凛もさることながらカリヤンがカッコ良かったと思うのですよ(^O^)
髪の色が変わり、肉体は虫に喰われ、顔は引きつり寿命は尽きる寸前。
それでも桜を家族の元に返そうとする姿。
そして桜をそんな環境に追い込んだトッキーに対するいいようのない怒り。
凛の可愛さに対する良い対比だなぁとか考えてしまいます。
凛よりカリヤンよりなゴリでした。

No title

↑でもあれ、≒愛する夫殺すぜ宣言なのよねw

ゴリさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>凛もさることながらカリヤンがカッコ良かったと思うのですよ(^O^)

久々の雁夜おじさんでしたけど、この人は妙に存在感があるなーって思います。悲壮な覚悟もそうですが、とにかく決意が尋常じゃない。守るもののためにひたむきに頑張る人は、やっぱりカッコいいです。こういう人ほど、長生きしないというのがデフォですが…(汗)

>凛の可愛さに対する良い対比だなぁとか考えてしまいます。

そうですね、基本的に凛の回だったけど、最後にかっこよく目立っていく。こっち側の目立ち方もあるということですね。
終わりのシーンで、地面での色分けがされている部分で、より明確な対比がされていましたよね。そしてお互いが実は敵になるということも…みたいな。時臣は雁夜にとっては敵なので。

よしのさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>でもあれ、≒愛する夫殺すぜ宣言なのよねw

ですよね(汗)雁夜は逢坂家にとっては明確な敵となるわけですからねえ。凛は関係ないからいいんですけど、時臣は当事者ですから…。

No title

おいしいところで颯爽と凛を助けに出てくる雁夜おじさんがカッコ良すぎでしたねw
普通に考えたら力関係的に海魔を虫で倒すのは厳しいはずだと思いますがアレは海魔1体に対して虫を総動員して物量差で押し切ったのかな?それなら倒せそうな気がする

今回は龍ちゃんの誘拐風景が明らかになりましたね
キャスターさんに作ってもらった特注ブレスレットで催眠でもかけてたって事なのかな?
キャスターさん本人は登場しませんでしたね
未来日記みててふと思ったんですがエリートの5thさんならキャスター組に狙われてもエリートスキルで上手く回避できそうだなーなんて妄想してしまいましたv(=∀=)vエリート的に!

黒辻さんは俺の御主人様さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>おいしいところで颯爽と凛を助けに出てくる雁夜おじさんがカッコ良すぎでしたねw

そうでしたね(笑)何げに雁夜おじさんは出番だけ言ったらほとんど無いんですけど、その限られた出番でのインパクトが強烈だから印象に残りますよね。頑張って欲しいんですけど、仮に雁夜が時臣を倒してしまったら、凛との関係がどうなるのか、考えるだけで何かいやです(汗)

>今回は龍ちゃんの誘拐風景が明らかになりましたね

また恐ろしいことをやってますよね。一般視点から改めて見てみると、ホント龍之介は狂ってるんだなって(汗)あの腕輪はチートアイテムですなあ…。

>未来日記みててふと思ったんですがエリートの5thさんならキャスター組に狙われてもエリートスキルで上手く回避できそうだなーなんて妄想してしまいました

何も知らず子どもだと思っていたら実はエリートだったと…。龍之介自体の戦闘力はそこまでなさそうなだけに、5thが圧勝しそう(笑)まあ操られちゃったらおしまいですけど(汗)

No title

~スタッフによる虚淵神への反抗~
今回は大分オリジナルが入ってましたね。
本では凛は龍之介と会わず、コトネは行方不明のまま(人間オルガンが彼女だという人もいる)誰も助けていません。怪魔に襲われそうになって、おじさんがバーサーカーで助けて、凛気絶して、葵さんが凛見つけて、おじさんと話して、それで終わり。
これが糞改変だとしたら激怒していたのですが、案外面白いものとなっていました。個人的には初見さん第一なので、わかりやすくほのぼのとしたとこもあって、良い改変でした。
でも次回で王の問答をやるとなると大分カットされてしまうだろうからそこはがっかりでした……。
でも面白かったので、良しですね。

あぁ、虚淵神が生贄を求めてさ迷っていらっしゃる…。

いいお父さんに見えますが……
~凛の未来~
1・冷酷な魔術師。
2・家出。
3・その他。
凛は優しすぎるんです…。
時臣は凡才で、努力に努力を重ねていまにいたっているわけです。完全に魔術師思考ですよ彼は。

次回、多分きます。
アニメ化を知った時、一番見たいと思った話です。
本で見た時は、あまりの凄さに号泣してしまいました。感動のシーンではなく、ただの文章と一枚の絵なのに、それにただただ圧倒されました…。その回が仕事がクソ忙しいこの時にやるなんて…。


お気づきかもしれませんが、1話で同時に召喚された四人は物語の中核人物です。
その四人が四人とも、いまだ真の宝具をさらしていません。
聖杯戦争は、まだまだこれからです。


…凛のあの顔がどう見てもアヘ顔にしか見えなかった。禁書目録スタッフでもいるのか…?

No title

>~凛の未来~
えっと…、多分これだけじゃ何の事だか分からない気がするので補足させて貰ってもいいでしょうか?
地味様がおっしゃっているのは、時臣が凛が時臣の魔術師としての在り方を理解できる年頃まで傍に居たなら、凛は甘さを捨て去った完成した冷酷な魔術師になっているか、魔術師の生き方を嫌って家を出るかするだろう的な事を虚淵さんが言っていたこと指しているんだと思います。
時臣は悪い人間ではないですが、基本魔術師と言うのは通常の倫理観の外に居る存在で、時臣は魔術師である事に疑問を持たない生粋の魔術師なのです。
ただ、魔術師である事と夫や父親である事を両立出来る稀有な人格の持ち主でもありますが。
以上、補足でした。

雁夜は悲壮ですよね。
葵や凛、桜の幸せを望みながら時臣を殺す事に疑問を持たない矛盾に批判的な感想も良く見ますし、それはもっともだと思うのですが、でも普通の人間ならとっくに発狂死している過酷な状況の中、時臣を恨む事でしか自分を保つ術が無かったのだから、どうしても哀れさの方が先に立ってしまします。本来とても優しい人なのに時臣への怨嗟を糧に戦う姿を見るとやり切れない気持になります。

地味さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>今回は大分オリジナルが入ってましたね。

どうやらそうだったようですね。原作は救えなかったようですけど、アニメでは救う展開に。この展開にしたことで後に矛盾とかが出てくるのかは分かりませんけど、少なくとも自分は今回の話も楽しめました。

>個人的には初見さん第一なので、わかりやすくほのぼのとしたとこもあって、良い改変でした

ほのぼの…だと…?(笑)
凛が勇敢すぎてハラハラしてしまったので緊張しっぱなしでしたけど(笑)まあ学校の風景も映されて凛の生活が垣間見えましたけど、例の事件があるせいで結構重々しい雰囲気でもあったんですけどね(汗)凛というキャラクターにはほのぼのしますけど(笑)

>次回、多分きます。
アニメ化を知った時、一番見たいと思った話です。

おお、次回はそんな回なんですか!すごく楽しみですよー。次回予告を聞いた限りでは、ヘロった声のウェイバーしか残らなかったのでギャグっ気が強いのかと思ったんですけどね(笑)

>…凛のあの顔がどう見てもアヘ顔にしか見えなかった。禁書目録スタッフでもいるのか…?

禁書は顔芸のオンパレードでしたからなあ…。確かにあの顔は反応する人はいるだろうなと見ていて思いました。あえて話題には挙げませんでしたけど(笑)

akiraさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>凛は甘さを捨て去った完成した冷酷な魔術師になっているか、魔術師の生き方を嫌って家を出るか

魔術師ってそんなに機械的な人間しかなれないんですか。確かにそれはアーチャーからつまらない人間だと思われても仕方ないのかもしれませんね。時臣は父性が残ってるのは良かったですけど。
思えばケイネス先生もそんな感じだったし、魔術師になるには犠牲にしなければいけないものもあるんですね。生粋の魔術師になればその気持ちを置いてきた状態になるなら、気にする必要はないんでしょうけど。

>普通の人間ならとっくに発狂死している過酷な状況の中、時臣を恨む事でしか自分を保つ術が無かったのだから、どうしても哀れさの方が先に立ってしまします。

ですね。雁夜の中では全ての事象において桜の下に来るものは無いでしょうから、その辺は押し殺して戦ってるんでしょう。まさに桜を救うことが自分の存在価値みたいな感じなんでしょね。精神が歪んでいるのか、愚直すぎるのか、分かれそうですけど、少なくとも自分は雁夜には頑張ってもらいたいと思ってしまいます。

No title

akira様の補足で大体合っていると思います。少々興奮しすぎた様です。

11話では多分皆が叫ぶでしょう、イスカンダル!イスカンダル!と。

地味さん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>11話では多分皆が叫ぶでしょう、イスカンダル!イスカンダル!と。

ま、まさか征服王が活躍するということですか!…これは期待です。おそらくハイクオリティなモノに仕上がってると思います…!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ・fate/zero 10話 凛の冒険 感想

10話を見たので感想を書きます。 今回の話は、 小さいながらに何か出来る事はないかな?と思っていた凛ちゃんは、 冬木市に行って龍之介が誘拐していた まだ生きている子供たちの救出に成功するのでした。 という話でした。 原作を知らないのですが今回はオリジナ…

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」 感想

サブタイ通り、まさに「凛の冒険」な話でした。良い子はマネしないようにw そして凛の「父親としての顔」を見せた遠坂時臣。いい感じだったです。 Fate/Zeroは誰の視点でも見れる、歴史もの風の良さを持った作品ですね。

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」 です。 <キャスト> 衛宮切嗣:小山力也 セイバー:川澄綾子 アイリスフィール:大原さやか 遠坂時臣:速水奨 アーチャー:関智一 言峰綺礼:中田譲治 アサシン...

「Fate/Zero」第10話

親友を、救出… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112040001/ Fate/Zero ミニクリアポスター/B セイバー陣営 ムービック 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools ...

『Fate/Zero』 第十話「凛の冒険」 ― 魔法少女とインセクター雁夜

愛と希望と正義を胸に、YesロリコンNoタッチ!!間桐雁夜、ただいま参☆上!(派手な嘘) SOUND DRAMA Fate/zero vol.4(2010/01/22)No Operating System商品詳細を見る 最近更新が滞りがちなのは、バイト...

Fate/Zero 10話「凛の冒険」感想

ロ凛回と見せかけて 実は雁夜おじさん回だった ほのぼの日常回を少し期待してたら全然そんなことはなかったぜ! しかしロ凛ちゃんかわいすぎるだろう・・・。 話は全く進まなかったけど、まだ1クール丸々残ってるんだからいいんじゃない?

Fate/Zero第10話「凛の冒険」

Fate/Zero第10話「凛の冒険」常に余裕を持って、優雅たれ久しぶりに雁夜登場☆公式HPより冬木市で起きた連続殺人事件の犯人はいまだ見つからず、毎日のように子供がさらわれつづけて...

Fate/Zero 第10話「凛の冒険」

Fate/Zero 第10話「凛の冒険」

Fate/Zero 第十話「凛の冒険」

え、凛ちゃん、死亡フラグ・・・かもしれない・・・ichiiさん、この話、見たらあかん展開かもしれないよ・・・?遠坂と間桐ネタは、色々と嫁にあれですよ。きつい展開かもしれませんね・・・杯。 時臣ー・...

Fate/Zero 第10話感想

Fate/Zeroの第10話を見ました。 それでは感想を書きます。

■Fate/Zero【第十話】凛の冒険 -104:16:06

Fate/Zero #10の視聴感想です。 余裕たる凛。 努力する凛。 出撃する凛。 体現する凛。 気絶した凛 常に余裕を持って優雅たれ―― ↑さぁポチッとな

Fate/Zero ~ 第10話 凛の冒険

Fate/Zero   ~  第10話 凛の冒険 (フェイト/ゼロ) 奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の マスター魔術師が七人のサーヴァント英霊を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘...

アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第10話「凛の冒険」 感想

赤いスカートにツインテールをたなびかせ、凛ちゃん出動!聖杯戦争は一休み?失踪した

Fate/Zero 第10話 『凛の冒険』

正義の味方・遠坂凛。10年前の彼女はまっすぐな女の子だったんですね。それがなんであんな「あかいあくま」に。その一端が見られるか期待の回です。 才能もあるけどいささか自信を持ち過ぎな所がありますね。流石に父の聖杯戦争の手伝いをしたいというのは無謀。陰惨な殺?...

Fate/Zero #10「凛の冒険」感想

凛の大冒険!幼い頃の凛視点から始まった今回stay/nightではメインだったのですがその10年前では一体どんな活躍をしていたのかある意味ファン待望のお話凛は何でも出来るクラスのみんなからも頼られる存在そんな彼女でも尊敬している存在がお父さまの時臣魔術では彼から...

Fate/Zero 第10話

関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第十話 凛の冒険今回はほぼ全編凛の話ですどんな展開になることやら…凛は父時臣に魔術を習っていたしかしまだ思った通り魔術を行使できない学校では弱きを助けそのカリスマ性がすでに発揮されていた父に教えてもらうだけでは足りな...

Fate/Zero 10話

まったく、小学生は最高だぜ! というわけで、 「Fate/Zero」10話 夜を駆けるの巻。 よよよよよ幼女うおおおお!!!!! 幼女!ツインテ!!大勝利!!! 凛ちゃん、かわいいなぁ!ものっそい、...

Fate/Zero 第10話「凛の冒険」

Fate/Zero(4)散りゆく者たち (星海社文庫)(2011/04/08)虚淵 玄、武内 崇 他商品詳細を見る  今回は、オリジナル色の強い回でした。後に、士郎を導くことになる少女なのですね。隣の席にいる気の弱そうな...

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第10話 「凛の冒険」 感想

常に余裕を持って優雅たれ―

Fate/Zero 第10話「凛の冒険」の感想

 アーチャーのマスター、遠坂時臣には凛というまだ年端もいかぬ一人娘がいた。彼女はまだ6or7歳ながらも遠坂の跡継ぎとして早くも魔術師の片鱗を見せ始めていた。人一倍友達想いで正義感の強い凛は、同級生の女の子達からも慕われていた。しかしその強すぎる正義感ゆえに...

【Fate/Zero 第10話 凛の冒険 感想】

まったく、ロ凛ってやつは最高だぜ!! ロ凛はロリシェリル並の破壊力で、更に小学生なのにすでにバーサーカーの宝具を打ち破るなんて、すごすぎるwww SNやUBWでのヒロインを見てきたから、幼少時代からこんなにすごかったんだーと!

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」

今週も「Fate/Zero」始まりました! 今回はロリ凛が主役の話という事でしたが… 最高でしたね! 原作だと数ページ分の話でよくここまでやってくれたと思います。 時臣、葵さん、龍之介にも...

Fate/Zero 10話「遠坂凜の遠坂凜による遠坂凜の為の冒険回!最高に凜可愛いよ!」(感想)

番外編的なノリだった子供の遠坂凜の話。 昔から正義感溢れる勇気ある女の子みたいです。 (無鉄砲な所もstay/nightでも変わってませんね) 本筋から外れた展開をどう見せていくかが シリーズもののアニメの醍醐味だと思います。 今回はこの作品の底力を見せてもらい...

Fate/Zero第10話感想。

すげぇ、ずっとロリぃぜ。 そんなアニメばっか見てんのに、今回ばかりは違和感が(笑) 以下、ネタバレします。ご注意を。 (PCゲーム《Fate/Stay night》 及び 《Fate/hollow ataraxia》の重大なネタバレも含みます)

Fate/Zero #10

【聖杯問答】 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ出演:小山力也アニプレックス(2012-03-07)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 凛ちゃんキター(゚∀゚)ー! 

Fate/Zero 第十話 凛の冒険

Fate/Zero 第10話。 魔術師の原石の無謀な冒険―――。 以下感想

『Fate/Zero』#10「凛の冒険」

「無事でいてね、コトネ!」 常に余裕を持って優雅たれ 凛ちゃんの大冒険!ということで、今回はちょっと小休止回。 弱いものいじめは許さないと、コトネを助ける凛の姿は優等生そのもの。 家では父親から魔術も習っているようだが、 聖杯戦争が始まるということで...

Fate/Zero 第10話

Fate/Zero 第10話 『凛の冒険』 ≪あらすじ≫ 遠坂凛(とおさか・りん)。遠坂時臣とその妻・葵(あおい)の間に生まれた遠坂家の長女。彼女は、幼少期から時臣の手によって次代を担う遠坂の魔術師として...

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」

凛ちゃん主役の異色回でした(笑) 魔術師ではあっても娘の前では良き父な時臣さん。 凛にとっては尊敬する存在なんですよね。 ▼ Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」  家では魔術の勉強したりする凛ですが。 学園では普通に優等生。 いじめっ子許さない正義ぷり...

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?(2012/03/07)小山力也、川澄綾子 他商品詳細を見る 今回はお休み回。 サブタイ通りの凛の冒険でした。 冒険とかすごい甘い響きだけど、それとは裏腹にすっごいドキドキハラハラさせられましたけどね(^ω^;) 略してドキハラ。

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」 感想

箸休め回?なのでしょうかね。 今回ばかりは「stay night」を知っていた方が絶対に楽しかったと思う。

Fate/Zero 10話 「凛の冒険」(アニメ感想)

【あらすじ】 冬木市で起きた連続殺人事件の犯人はいまだ見つからず、 毎日のように子供がさらわれつづけていた。 そんな中、時臣の娘・凛は、連絡が取れなくなった友人・コトネを捜しに ひとりで夜の街へ...

『Fate/Zero』 10話「凛の冒険」

り、凛ちゃん勇敢。 よく生き延びたね…。

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」 感想

今回は原作改変+オリジナルエピソード追加で凛の活躍が描かれていましたね。 悪くは無いけど、凛が魔道の本質を身を以って思い知る事が無くなったのは どうなのかな。 アレをそのまま描くのは、TV放...

Fate/Zero 第10話「凛の冒険」

この笑顔、守りたい。 今週は雰囲気が全然違うな 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?(2012/03/07)小山力也、川澄綾子 他商品詳細を見る

Fate/Zero 10話

龍之介さん油断しすぎ…w というわけで今回はアニメオリジナルだそうですね。 ひたすらに凛ちゃんにスポットを当てた回になったわけですが、 終始緊迫感があって面白かったですね。 まず、今回の話ではキャスターたちの被害者に当たる子供たちについても描かれまし?...

Fate/Zero第10話「凛の冒険」

 第4次聖杯戦争から10年後に勃発した第5次聖杯戦争に参加する遠坂凛は、小学校2年生ながら既に自ら魔術の練習に励んでいた。魔術陣の中心に水晶を置き、深呼吸をして魔力を注入し始めるのだが、魔力が暴走して水晶は割れてしまった。失敗して悔し涙を目に浮かべる凛

Fate/Zero 第10話「凛の冒険」

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box素晴らしいロ凛回! 小学生は最高だぜ!の名言がぴったりな展開でしたよ、まったく!

Fate/zero~第十話「凛の冒険」

 奇跡をかなえるという聖杯を求める選ばれし7人の魔術師の戦い。第10話 小学2年生の女の子、凜はマスター遠坂時臣の娘。魔術を少しずつ時臣に教わっていた。 聖杯戦争の危険...

10年前でも凛は凛。『Fate/Zero』10話。

作劇的に、ここまで凛に尺を割いてどうする?と思う反面、個人的にはものすごく気に入ったエピソードとして評価しつつ、しかし、こと『Zero』のエピソードとしてのボリューム ...

Fate/Zero 第10話 凛の冒険

聖杯戦争から巻き込まれないように母の実家、禅城家に避難させられる凛。 冬木市で起きた連続殺人事件の犯人はいまだ見つからず、毎日のように子供がさらわれ続けている状況。 聖 ...

Fate/Zero 10話 「凛の冒険」 感想

あ、あれ? こんなアニメだっけこれ……?

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」

なんというGP回 あざといまでの凜プッシュに今後の展開に対する一抹の不安すら抱いた「Fate/Zero」第10話の感想。 う~ん、画的な満足感はすごいんですけどね・・・・原作組みである自分としては正直フクザツなところも。 半パートだけならともかく1話丸々使う?...

Fate Zero 第10話 「凛の冒険」 感想

Fate Zero 第10話 「凛の冒険」 感想 ろりりん!

Fate/Zero 第10話 12/4 あらすじと感想 #Fate_Zero

 凛ちゃんの活躍。  部屋に篭って、魔法の練習に没頭する凛ちゃん。しかし、幼い彼女には、未だ時間が必要だ。そんな彼女を父として指導する遠坂氏は、やはり、それなりの人格者であることは確かのようだ...

Fate/Zero 第10話「凛の冒険」 レビュー・感想

小さな『赤い悪魔』の大胆な冒険 まだまだ魔力の制御が拙い凛、それを見守る時臣の優しい瞳。親子であると同時に師弟でもある二人ですが彼が凜を見つめる目はやっぱりお父さんの ...

Fate/Zero 10話「凛の冒険」 

              /: : : : : : : : : :.ヽ: :>、              /: : : : : : : : : : : : ヽ: : :\   小        /: : : : : : :

Fate/Zero 10話感想

今回の主人公はまだ幼い遠坂 凛です。 10年後(Fate/stay night)のメインヒロインの一人でもあります。

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」 感想

「Fate/Zero」  第10話 「凛の冒険」 の感想記事です。   今回の主役は、遠坂 凛ちゃん。   "小さな冒険" といったお話ですが、やや疑問。   このストーリーは果たして必要なのか?

Fate/Zero第10話凛の冒険

第十話「凛の冒険」公式HPよりあらすじ冬木市で起きた連続殺人事件の犯人はいまだ見つからず、毎日のように子供がさらわれつづけていた。そんな中、時臣の娘・凛は、連絡が取れなく...

Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」

家では割とパーフェクト親父な時臣に魔術を教えられ、 学校ではいじめっ子から友達を守ったりする優等生な凛。 そんな凛の周りでも異変…子供の連続誘拐事件がおきます。 学校に来ない生徒が増えていて、その中には凛の友達であるコトネもおり、 凛は彼女を捜しに冬...

Fate/Zero 第十話 「ロ凛の冒険 まったく、小学生は最高だぜ!!」 感想

先週の感想でグラニアとソラウは違う!っと書いた所、手厳しいコメントを数件いただきました。 そう言われながらもグラニアに3票入ってるのに吹いたwww ランサー自身が人生縛りプレイ状態らしいですが、エロゲ主人公的な人生だもん仕方ないね。 フヒヒ・・・今…

Fate/Zero 第10話「凛の冒険」感想

子供を殺された親の気持ちを考えると、雨生のことが許せなくなりますよ! 必死で探したでしょうね、もしかしたら子供を守ろうとして殺された親もいるかもしれない。 これは本当に辛い、とても辛い出来事です。 今回凛の活躍が無ければ、多くの子供達が虐殺されていたはずで…

(アニメ感想) Fate/Zero 第10話 「凛の冒険」

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ?(2012/03/07)小山力也、川澄綾子 他商品詳細を見る 冬木市で起きた連続殺人事件の犯人はいまだ見つからず、 毎日のように子供がさらわれつづけていた。 そんな中、時臣...

Fate/Zero 第9話

 つか、うわ、やられそう、、けどやられない的なホラーとして見てると、最高の出来だなぁ。30分アニメ的には、これ以上ないんじゃないかと。

Fate/Zero 第10話 凛の冒険 レビュー

遠坂家の地下で一人魔術の訓練に励む凛 凛の魔術によって形をかえていく宝石…!  凛のスカートがぁあああ ヒラヒラしてるぅうう! このシーンで凛のパンチラを期待した私…  でもパンチラはなかった…  ガックリ それにしても凛がかわいい。結局魔術に失敗して?...
ブログパーツ
fx比較