スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ4:16話感想

ペルソナ4の感想です。

一気に直人のことが分かってきました。

直人女だったのか(笑)

うん、さらっとシャドー直人が発言していましたけど、まさかねえ(汗)

一時はそう思ったときがあったんですよ、それは完二が直人に惚れてたときすね。でもやたらとホモっ気をシャドーが出してくれたもんだからそっちがきになっちゃってもう考えることを止めていたので(汗)

ちなみに今回完二はこの事実を知ってどう思ったんだろう(笑)

確かあのシャドーって自分がホモ疑惑みたいなのを悩んでの発現だったように思ったんですけど、もし直人のことをもっと早く女性と認識していたらシャドーが発現することもなかったのかなあ…。もしそうなら完二のシャドーってかなりお騒がせなんですけどね(汗)まあでもシャドーと向き合うということ自体はいいことだし、それ以外にも女性に対する意識みたいなものも含まれていたので悪いことではありませんでしたけどね。
直人が真夜中テレビに映されたときも、基本的にすぐ電話してきたのはいつも陽介だったんですけど今回は完二。よっぽど直人に対しては思い入れがあるというのははっきりはしていますけどね(笑)
とにかく、次週はまず完二のファーストリアクションに注目したいと思います(笑)

さて、直人なんですが、彼女(と言っていいんだよね?(汗))の悩みというのは、女性であり子どもであるという社会的地位に関係したコンプレックスなんでしょうかね。今はそんなこともなくなってきつつありますけど、やっぱり男性の方が社会的な価値みたいなものは高いみたいなステレオタイプも残っているし、性別というのは決して変えられないというのが前提ですからね。改造っていうのは性別を表していたんですか。
そして子どもという点はここのダンジョンのように子どもの秘密基地みたいなイメージを模しているのは、やっぱりこういう秘密基地とか積極的に作るのは男っぽいというのがあるのかなーって思いました。とにかく大人の男性に強い憧れを抱いているのは間違いなさそうです。探偵というワイルドなものもその思いから派生しているのかな。

直人の事件に対しての分析はかなり鋭く、事件の被害者はテレビで話題になった人と死因が不明という共通点からまずモロキンの死を別の犯行というのは見抜いていました。そして雪子や完二やりせのことにも言及し、自分が囮になろうとテレビに出演することに。…この行動力は素晴らしいものですけど、まあさすがにシャドーは相手が悪かったですね(汗)この行動力は自分は男だという暗示からのものでしょうけど、もしかしたら初めて挫折を味わうのかもしれないですね。それで自分は女だとさらに思い悩んで負のループになってしまう危険性もありますけど、そこは鳴上たちがどう説得し、そして受け入れてもらうかですね…とりあえず、一番活躍しそうなのは完二のようですけど。

まあそんなわけで完二がハッスルしそうな展開になってきそうですが、彼の親を思う気持ちみたいな部分が出ていたシーンはとても良かったなって思います。母親が病院に行ったということになったら血相を変えて駆けつけてくれる。何ともないということで照れ隠しのきつい言葉をかけていますけど、こういうシーンは微笑ましいです。男のツンデレもいいよね!?(ぇー)

さて次回は直人ペルソナ覚醒なるかというところですが、とりあえず陽介は戦闘不能になってしまったということなんだろうか(笑)まさかの老化ですか(汗)てっきり陽介が女の子になると思ってしまったよ(笑)…まあ直人の願望に大人になりたいというのもあれば年をとるという攻撃があるのは納得できますけどね。

そして女子3人の老化は全力で阻止するんだぞ!

そりゃ逃げるよな(汗)ある意味女の敵な直人シャドーですけど、物理的な攻撃はどれほど威力があるんだろうかなあ。とりあえず完二と鳴上はがんばって阻止してくれ(笑)

あ、あとものすごくどうでもいい個人事なんですけど、以前雪子と千枝が両方とも料理がダメダメで、でもヒロインの中で1人は上手な子がいるだろうと期待していて、見事にりせで裏切られたというのがあったんですよね。それで、もうこの中には男しかいないから諦めかけていたんですが…。

直人…君が最後の砦だ…(笑)

料理ができるかどうかなんて関係ないと思う方!自分は料理というのは大変重要なスキルと認識していますので、そこは譲れないですよ!(ぇー)

まあそういうことで直人の腕はどうなんでしょうね。懸念材料としては直人は男みたいななりたいと目指している以上、料理という女性のイメージが強いことには興味をわかないかもしれないということですけど、手先とか器用そうだし、壊滅的なものを作るイメージもないからできる…はず…。
まあおそらくこんな心配をしている人はペルソナ見てる人の中では自分だけだと、逆に自負していますけどね(笑)

というわけで最近多かった日常系から今回は本筋が進みましたね。やはりモロキンはミスリード、本質はどうなのか、また少しずつ考えていきたいです。まあ今は完二と直人が気になってしょうがないですが(笑)では。


↓押していただけると励みになります。
コメント

No title

今後に期待ですね。
今回は完二との垂直的展開でした。
おそらく雪子や陽介やりせとも垂直的展開を今後していく、いや寧ろこっからは垂直的展開こそメインの描写になるのかなってことを予想させますます楽しみになってきました。
んでもって、まさかの老化攻撃。
鳴上達は四六商店で大量にロイヤルゼリーを買って秘密基地に乗り込んでたんでしょうか。
(注)ロイヤルゼリー 衰弱・老化などの状態異常を回復させるアイテム

完二と直斗

>もし直人のことをもっと早く女性と認識していたらシャドーが発現することもなかったのかなあ
実のところその通りなんです。
抑圧した人格が発現してもそれを制御することができればペルソナとなり、制御できず暴走してしまうとシャドウになります。
しかも暴走すると、その人間のコンプレックスの一部や思い込みなどが過剰に表現されてしまう。
完二の場合、過去の経験からオトメン趣味を知られるのが嫌で他人と接するのが怖くなってしまった、というアッチ系とは何の関係もない悩みだったはずです。
ところが直斗と知り合い、彼女に興味を抱いてしまった。これは恋愛感情というより、自分に対して関心を持ってくれたことが完二にとって普通に嬉しかっただけなんじゃないかと思います(前述の理由で完二は普段から人を寄せ付けないようにしていましたし、強面の不良としても恐れられていましたから、自分から彼に近づこうとする人間はそれまで誰も居なかった)。
そこから完二の妄想が膨らむ訳です。直斗に興味を持ったことで、当時は彼女が女だったとは知らないわけですから、自分は女ではなく男が好きなんじゃないだろうか?と悩み始め、シャドウが具現化した時その部分が過剰に現れてしまった。
元々完二はコンプレックスを抱えている身ですからシャドウの発現は避けられなかったでしょうが、直斗と出会っていなければあんなブラックホール級の黒歴史シャドウが発現する事はなかったんじゃないかと思います。
まあ見ている我々からすれば、出会って正解だったんですけどね。

>直人の(料理の)腕はどうなんでしょうね
原作通り話が進めば、料理ダメダメヒロイン達が今度は直斗も巻き込んで、懲りずにまたまた料理(しかもかなりハードルが高い料理)に挑戦する時が来ますので、それまで乞うご期待!!

>今は完二と直人が気になってしょうがない
個人的には二人は凄いお似合いな気がしないでもないんですが。お互い抱えてるコンプレックスも似たようなものですし(「男のクセに!」「女(子供)のクセに!」みたいな)。
ただ直斗を口説き落とすのはかなりの高難度(ゲームでも)。とにかく頭が物凄く良くないとダメ。少なくとも直斗並みくらい必要です。
その上完二の場合、もうシャドウから「君みたいなタイプが一番嫌いだ!」って速攻でフラれてる……。シャドウって本音……完二の恋路は前途多難だなぁ。

とりあえず次回は“みなぎる”鳴上に期待!

しろさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>おそらく雪子や陽介やりせとも垂直的展開を今後していく、いや寧ろこっからは垂直的展開こそメインの描写になるのかなってことを予想させますます楽しみになってきました。

あ、つまり前回の千枝との話と今回の完二の話は同一のコミュニケーションということなんでしょうかね。恋愛という発展要素がない男性とのコミュは垂直の話はないと思っていましたが、陽介とのこういう話もこれからあるんですね。
いろいろなほかの人との話もいいですけど、メインキャラとの関係を深めるという展開も出来るとは、いろいろと網羅できるものだなって思いました(笑)

>んでもって、まさかの老化攻撃。

ゲームに老化攻撃があるんですかね(汗)女性には絶対に食らわせたくない技ですな(笑)

eusakaさん

こんばんわ。コメントありがとうございます。

>元々完二はコンプレックスを抱えている身ですからシャドウの発現は避けられなかったでしょうが、直斗と出会っていなければあんなブラックホール級の黒歴史シャドウが発現する事はなかったんじゃないかと思います

完二は女性との関わり方に悩みを抱いていたようですが、あの直人の件でその辺が決定的になってしまったということですかね。ブーストしてしまったみたいな。
悩みは誰でも持ちますしそれを受け入れるのは難しいですが、そのまま持ち続けてずっと苦しむのはそれでキツイですし、だからこそ直人との出会いというのは様々な意味で彼を変えるきっかけになる場面となったわけですね。シャドウに殺されかけたり黒歴史を作ってしまったりしましたが、結果的には最高の形として現在に至れましたしね。

>原作通り話が進めば、料理ダメダメヒロイン達が今度は直斗も巻き込んで、懲りずにまたまた料理(しかもかなりハードルが高い料理)に挑戦する時が来ますので、それまで乞うご期待!!

おお、料理イベントはしっかりあるんですね!…期待…と言いたいところなんですが、不安もある分複雑な気持ちではあります(汗)

>ただ直斗を口説き落とすのはかなりの高難度(ゲームでも)。とにかく頭が物凄く良くないとダメ。少なくとも直斗並みくらい必要です。

完二と直人は共通部分も真逆の部分もある分、どちらを受け入れるかという面がはっきりすれば馬の骨が合いそうに思う分、完二には頑張ってもらいたいです(笑)まあ直人がデレる姿とか全く想像ができないんですけどね(汗)少しは女らしくなるのか、その辺もこれからの楽しみになりそうです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペルソナ4 the ANIMATION 第1話 ~  第16話 Although the Case Was Closed

ペルソナ4 the ANIMATION  ~ 第16話 Although the Case Was Closed 彼が転入した八十神高校では、「雨の夜の午前0時に点いていないテレビで自分の顔を見つめると、別の人間が映る」という内容の「マヨ...

P4(ペルソナ4)第16話の感想レビュー

サブタイトルは『Although the Case Was Closed』です。 予想通り、直斗シャドウ回(゚∀゚)キタコレ!!と思ったら、まさかのおにゃのこだと!?回でしたね。 ネタバレ自体は目にしていたのですが、もっと引っ張るかと思っていたので結構意外でした。 これで完二もホモ疑惑...

ペルソナ4 第16話 「Although the Case Was Closed」 感想

「事件」を必要とする探偵。 ペルソナ4 第16話 感想です。

persona4 the ANIMATION #16

【Although the Case Was Closed】 ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:浪川大輔アニプレックス(2012-02-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 色々な意味で驚きましたよ(・ω・ノ)ノ 

ペルソナ4アニメーション 16話感想

サブタイトル「Although the Case Was Closed」 犯人は逮捕され、一連の事件は終わったというけれども。 どうしても腑に落ちない…。違和感が拭えない…。 テレビに出演して、直斗はカメラの前でこのように...

ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」

第16話「Although the Case Was Closed」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

ペルソナ4 第16話

マヨナカテレビに映った白鐘直斗が失踪した。 「事件はまだ終わっていない」という直斗だったが・・・ 悠たちは、TVの中の世界へ向かう。 一連の猟奇殺人事件は終わったかのように思われていました。 でも、探偵王子と称される直斗だけは、この事件はまだ終わっ...

「Persona4 the ANIMATION」第16話

直斗は、女… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201270000/ ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray] アニプレックス 2012-03-21 売り上げランキング : 8 Amazonで詳しく見る by G-Tools

Persona4 the ANIMATION 16話

コナン君もびっくりだ。 というわけで、 「Persona4 the ANIMATION」16話 秘密という真実の巻。 王子様になりたかった、女の子。 こうなったらもう、世界を革命するしかないな。 ぬあー、キャステ...

persona4theANIMATIONペルソナ4第16話あらすじ感...

油断--------!?新たな試練の始まりを告げるイゴールとマーガレット。カオスな修学旅行編も終わり、さぁ、後半戦の始まりですね(^^)「探偵王子」と呼ばれる直斗の特集がインタビ...

persona4 the ANIMATION ペルソナ4 第16話 あらすじ感想「Although the Case Was Closed」

油断--------!? 新たな試練の始まりを告げるイゴールとマーガレット。 カオスな修学旅行編も終わり、さぁ、後半戦の始まりですね(^^) 「探偵王子」と呼ばれる直斗の特集がインタビューで報道される。 今回の逆さ貼り付け事件でも活躍したと紹介するアナウ...

Persona4 the ANIMATION #16「Although the Case Was Closed」 感想

OPがちょこちょこ変更。 マヨナカテレビに映った白鐘直斗が失踪。事件はまだ終わっていない…… 悠達は、TVの中の世界へ向かう。 <STAFF> 脚本:広田光毅 絵コンテ:鎌仲史陽 演出:鎌仲史陽 作...

Persona4 the ANIMATION 16 「ボクっ娘探偵、誕生!!」感想

おびえきった女三人。おそるべき白鐘直斗のペルソナが牙をむく!!夜更かしは美容の敵、そのペルソナは女の敵!!

ペルソナ4 the ANIMATION 第16話 「Although the Case Was Closed」

テレビに出て事件に違和感があることを話す直斗。 テレビなどに出ることを嫌う直斗が出た理由は、 失踪した人物の共通点である報じられた人物に自身がなるため。

P4 -ペルソナ4-  第16話 感想

 P4 -ペルソナ4-  第16話 『Although the Case Was Closed』感想  次のページへ

ペルソナ4 16話 Although the Case Was Closed

ある1シーンに釘付けになりました。仕方ないね!

『Persona4 the ANIMATION』#16「Although the Case Was Closed」

「僕は今すぐ大人の男になりたい。 僕のことをちゃんと認めて欲しい。 僕はいていい意味が欲しい」 9月12日、事件に貢献した探偵王子としてテレビ出演する直斗。 自分からテレビに出るなんて直斗らしくないと思っていたら、 どうやらやはり魂胆があったらしい。...

(アニメ感想) ペルソナ4 第16話 「Although the Case Was Closed」

ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/03/21)浪川大輔、森久保祥太郎 他商品詳細を見る 八十神高校へと転入してきた直斗だったが、マスコミの前に姿をさらすことによりマヨナカテレビに映し出さ...

ペルソナ4 第16話 「Although the Case Was Closed」 感想

直斗回だけど、完二回でもありましたね。 明かされた直斗の秘密、男を魅せる完二。 とんでもないことになった陽介。 続きが気になりますよ。 マヨナカテレビに映った白鐘直斗が失踪。 事件はま...

アニメ「P4 Persona4 the ANIMATION」 第16話 Although the Case Was Closed

ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/03/21)浪川大輔、森久保祥太郎 他商品詳細を見る アイツをぶっ倒して、ケツを持ってやりゃあいいんだ! 「P4 Persona4 the ANIMATION」第16話のあらすじと感...

アニメ・ペルソナ4 16話 Although the Case Was Closed 感想

なにこれ・・・ちょー面白いんですけど(>□<)という印象の回。 今回の話は、 真実を追い求めるがあまり犯人の策略にはまり TVの世界にぶちこまれた直斗を番長たちが助けに行く。 という話でした。 今回の話はヤバかったですね、面白すぎです・・・。 頭の悪い…

Persona4 the ANIMATION #16「Although the Case Was Closed」

『マヨナカテレビに映った白鐘直斗が失踪。事件はまだ終わっていない…… 悠達は、TVの中の世界へ向かう。』 再び霧が濃く深くかかり、試練は終わっていないと告げるマーガレット そしてむしろこれから...

アニメ ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」 感想

現役高校生・探偵王子!?違和感を感じると報道番組に出演!事件に対する違和感を解決

P4 -ペルソナ4- #16 感想

子供な自分、存在意義の無い自分 一人ぼっちの 自分。     ペルソナ4第16話のぶっきら感想!!

ペルソナ4 第16話 「Although the Case Was Closed」

探偵王子の正体――!(笑)  直斗は事件についてまだ違和感を感じていて。 TVに出たり話題の人物が狙われることが多いので・ 確証を得るために TVに出て囮捜査に出ますが…。 ▼ ペルソナ4 第16話...

ハガレンの真理以来の朴さんの機械声♪さあ、人生の改造手術の始まりだ~~( ̄口 ̄;)!! ペルソナ4 the ANIMATION 第16話『Although the Case Was Closed』

 イゴールの元に訪れたかの者の表情に『油断』がある――!  再び『霧』が濃く深くかかりつつあるそうで、試練はまだ終わってない。  いや、それどころか、これから過酷になる!  そう指摘するマーガレッ...

Persona4 the ANIMATION 第16話 『Although the Case Was Closed』

女だったのか。白鐘直斗って本名なのかが気になりますね。一見クールな探偵王子ですが、彼女にもコンプレックスはあった。ひとつは頭が良くても子供扱いされること。若くて優秀な人間ほど、年齢で下に見られるのを嫌いますからね。 今一つが性別。どうも彼女はハードボイ?...

Persona4 the ANIMATION #16 Although the Case Was Closed

ペルソナ4 第16話。 テレビ出演と再びの事件。 以下感想

ペルソナ4 16話 「Although the Case Was Closed」 感想

改造手術の時間だああああああ!

ペルソナ4 #16

ペルソナ4 #16 『Although Case Was Closed』 ≪あらすじ≫ 修学旅行を終えた鳴上悠は、一年間居候させてもらっている堂島家のリビングのTVに、報道特集として事件に解決に尽力したとして後輩の探偵王子・...

【アニメ】ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」 探偵王子の正体が明らかに!

625 名前:名無しになるもんっ♪ 投稿日:2012/01/28(土) 01:58:31 ID:??? 報道EYE 632 名前:名無しになるもんっ♪ 投稿日:2012/01/28(土) 01:58:43 ID:??? 探偵王子w 640 名前:名無しになるもんっ...

ペルソナ4 the ANIMATION 第16話 1/28 あらすじと感想 #P4_A #persona4

 新たな展開か?。  直斗くんが例の事件でインタビューを受けるシーンがテレビに映った。翌日、校門で待っていた直斗くんに呼ばれて、悠くんたちは、彼の話を聞くことになる。  直斗くんは、未だ事件...

ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」

ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」

ペルソナ4第16話「AlthoughtheCaseWasClosed」

ペルソナ4第16話「AlthoughtheCaseWasClosed」「アイツも何かから逃げてるんすよ」公式HPよりマヨナカテレビに映った白鐘直斗が失踪。事件はまだ終わっていない……悠達は、TVの中の世界...

ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」

ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」 「アイツも何かから逃げてるんすよ」 公式HPより マヨナカテレビに映った白鐘直斗が失踪。事件はまだ終わっていない…… 悠達は、TVの中の世界へ向かう。 油断している? 試練は続いている?...

ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」

心に響く伝達力 ステータス凄い上がったね。 ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/03/21)浪川大輔、森久保祥太郎 他商品詳細を見る 以下ネタバレあり

ペルソナ4 -Persona4 the ANIMATION- 第16話 「Although the Case Was Closed」

第16話 「Although the Case Was Closed」 シャドウがさらっとすごい事言ったね! 探偵王子!?直斗が連続殺人事件解決の功労者としてテレビ出演! 前回、取材を受けると言っていたのはこの事か...

PERSONA4 the ANIMATION 感想 第16話「Although the Case Was Closed」

前回はもうカオスとしか言いようがない回でした。 原作でも人気があった修学旅行イベントを更に面白くアニメ化するとは、スタッフさんの力量恐るべし! 前回の次回予告を見た感じ、今回は本筋の事件に戻るよ...

ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」感想

探偵王子の秘密(; ・`д・´)…ゴクリ 直斗の感じる違和感。 3件の事件の共通点は、TVに出たことと誘拐。そしてマヨナカテレビ。 モロキンの事件だけ違う・・・やはり模倣犯? 人体改造手術! マヨナカテレビに映る直斗!自ら囮に・・・( ; ゜Д゜) 迷子の...

ペルソナ4 第16話 「Although the Case Was Closed」感想

ペルソナ4 第16話 「Although the Case Was Closed」感想・・直人の正体・・

◎ペルソナ4#16「AlthoughtheCaseWasClosed」

探偵王子、シロガネナオトがテレビで紹介される。ナオ:僕の見解は、警察とは違います。違和感を感じます。・翌日、学校でチエ:彼、テレビとかに出たがるタイプじゃないと思ってた...
ブログパーツ
fx比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。